• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 観光学
  • 観光学と社会生活との関わり方
やりたいことを見つけよう!
 

観光学



●関連するキーワード:
世界遺産 シルクロード セラピー(癒し)
●学びのフィールド:社会・生活との関りを見てみよう.

観光学はこんなふうに社会や生活とかかわっているんだ。


●観光のためだけでなく、世界遺産として保存が急ピッチで進む

アンコール遺跡群のなかで最も大きく有名なのがアンコール・ワットだ。このアンコール遺跡群は世界的な観光地として知られるが、一方で強烈な日差しや熱帯植物の成長、そして戦争による荒廃などで崩壊の危機にある。観光資源というだけでなく、国境を越えて守っていくべき地球上の遺産として、ユネスコを中心にこれを保護修繕する作業が進められており、日本もこれに協力している。観光政策論で国の観光に対する政策を学ぼう。

●ローマから奈良へと文化を運んだ旅人の足跡をたどってみよう

ユーラシア大陸の東西を結んだ交易路「シルクロード」はローマから、東の果ては日本の奈良の正倉院ともいわれる。東西交易で古くから多くの恩恵を受けてきた日本人には、シルクロードはロマンあふれる地域であり、訪れる旅行者も少なくない。また、日本からも学術調査隊を送りだし、多くの仏教や古代の遺跡を発見するなど成果を納め、昔の旅人が伝えた文化が明らかになっている。観光文化学の分野から学べるぞ。

●現代は「心や体のいやし」が観光に求められている

日本にはさまざまな泉質の温泉があり、昔からけがや病気を治すためにも利用されてきた。著名な温泉場には旅館やホテルが立ち並び、一大観光地となっている。しかし最近は大自然と静寂を求めて山奥の一軒家の温泉に人気が集まり、露天風呂で自然との触れ合いを楽しむ人も増えた。温泉が体をいやし、自然が心をいやすのだ。どんな温泉に人気が集まるか、観光調査法を活用して調べよう。