• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 日本文学
  • 日本文学と社会生活との関わり方
やりたいことを見つけよう!
 

日本文学



●関連するキーワード:
地域紛争
●学びのフィールド:社会・生活との関りを見てみよう.

日本文学はこんなふうに社会や生活とかかわっているんだ。


●吉本ばななって少女漫画みたい?!

吉本ばななの作品を読んで、「なんか少女漫画みたい!」。そんな感想を持ったアナタは、彼女の作品がどのように少女漫画の影響を受けているか研究することもできる。会話のテンポ、映像的な描写など、登場人物や情景の描き方には共通点はあるのか? これも立派な文学研究だ。

●美人姉妹の物語「細雪」も反戦文学だった!

戦争を題材にした文学といえば、妹尾河童の「少年H」や野坂昭如の「火垂るの墓」など、戦争期に子ども時代を過ごした作家の自伝的小説が感動を呼んでいる。しかし、第二次大戦直前から新聞連載が始まった谷崎潤一郎の代表作「細雪」もまた、戦争中の「ぜいたくは敵」の時代に華やかな世界を描くということで谷崎の反戦思想を表わしたものと言われている。文学作品とその時代背景は密接につながっている。

●イギリス海岸を見つけに行こう

宮沢賢治の描いたイーハトーブは架空の理想郷だが、賢次の故郷、岩手県花巻には、イギリス海岸やなめとこ山など、モデルになった場所が実在する。文学の舞台となった地域を訪ね、賢次の心境を辿り岩手の風土を体感する。これも作家・作品研究の重要な方法論だ。