やりたいことを見つけよう!

獣医・畜産学

獣医・畜産学

動物の病気の診断や予防、動物生産の効率化や高度化を研究する

獣医学は、家畜やペットの病気の診断や予防、治療の在り方を研究していく学問。畜産学は、実験や実習を通じて、おいしい肉や牛乳、品質のいい革製品などをいかに効率よく生産するか、つまり、人間の生活を豊かにするための動物生産を研究する学問。

学び方

講義
家畜繁殖学、家畜生理学など理論を学ぶ。
実験
動物基礎化学や動物応用科学など動物の解剖や細胞観察などを行い、実践的な知識を学んでいく。
実習
酪農実習、畜産実習を行い、酪農などの実体を学ぶ。

獣医・畜産学 学びのフィールド

畜産学には、大きく分けて<基礎獣医学>と<臨床獣医学>、<応用獣医学>の3つの分野がある。

<獣医学>
●基礎獣医学
動物の正常構造を研究する動物解剖学、動物の生体の働きを学ぶ動物生理学、動物の病気の形態や機能障害などを学ぶ動物病理学などがある。
●臨床獣医学
主に動物の内臓の病気について取り扱う動物内科学、手術とその補助手段を実践的に学んでいく動物外科学、家畜の繁殖について学ぶ家畜臨床繁殖学などがある。
●応用獣医学
家畜がかかる病気の感染経路の研究を中心に、人畜共通の伝染病や畜産物の安全性について学ぶ獣医公衆衛生学、病気となるウィルスや細菌などの微生物について学ぶ動物微生物学などがある。
<畜産学>
●動物機能開発
家畜の繁殖過程とその生理的機能を学ぶ家畜繁殖学、家畜の体内機能や形態、代謝生理なとを学ぶ家畜生理学、家畜の遺伝や育種を研究していく家畜遺伝・育種学などがある。
●動物生産・利用
食品・皮革・医薬品としての加工方など家畜の動物生産物への開発と利用を学ぶ動物資源利用学、家畜の衛生管理、環境整備、微生物制御などを学ぶ家畜管理学、家畜の衛生管理、環境整備、微生物制御などを学ぶ家畜管理学、家畜の生産システムや生態系の保全を学ぶ家畜生産学、家畜のエサとなる肥料資源や肥料の価値について学んでいく家畜栄養学などがある。

獣医・畜産学に関連する学問

獣医・畜産学を学べる学校を探すならリクナビ進学