• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 画像・音響工学
やりたいことを見つけよう!

画像・音響工学

画像・音響工学

画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

学び方

ゼミナール
実験・実習を中心に、レポートをまとめ、討論を重ねていく。
実験・実習
実際にCGを描いたり、音波による材質検査をする実習は欠かせない。講義だけでなく実習や実験を通して、知識を生きたものにしていくのだ。

画像・音響工学 学びのフィールド

コンピュータ技術を基本に、情報処理、電子工学の幅広い知識が要求される<基礎研究>と、画像、音響の<個別研究>に分かれる。

<基礎研究>
●コンピュータ
画像や音響を作り、処理するためにはコンピュータの技術が欠かせない。
●情報処理
映像や音響などをデジタル情報化し、処理するための基礎知識を学ぶ。
●電子工学
デジタル処理技術の基本となる電子工学の基礎知識を学ぶ。
●メディア論
既存のメディア、研究中のメディア、そして未来のメディアにおける画像や音響の果たす役割を考える。
<個別研究>
●画像工学
工業デザインから設計図、CAD・CAM、アートまでCGの世界は急激に拡大している。このCG表現の新技術や表現方法、ハードとなる画像機器までの研究をする。
●音響工学
建築、材質などの違いによるコンサートホールやスタジオなどの音響特性、音響、音波の性質を利用した土質探査、材質検査など各種検査システムを研究する。
画像・音響工学を学べる学校を探すならリクナビ進学