• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 学問を調べる
  • 材料工学
やりたいことを見つけよう!

材料工学

材料工学

現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

学び方

調査・分析
今、どんな材料が必要なのか、「あったらいいな」を探すための調査や分析は不可欠。
実験・実習
材料の組織を観察したり塑性加工、熱処理や構造の解析など実験項目は多い。

材料工学 学びのフィールド

新しい性質や機能をもつ材料について研究する<物性・機能研究>と、材料の加工や処理、生産について研究する<加工・処理、生産工学>がある。

<物性・機能研究>
●金属材料
銅や鉛などの金属の精製・加工や、超伝導合金やアモルファス合金、形状記憶合金、ファインスチールなどの新素材を創ったり、そのための技術を開発する。
●無機材料
セラミックス材料を中心に、半導体やシリコン、ファインセラミックス、セラミックスペーパーなど、最先端技術に欠かせない無機の注目材料について学ぶ。
●有機材料
分子量の大きな高分子材料を中心に、新しい性質や機能をもつ材料を創るための研究をする。タンパク質、セルロースなどの天然高分子と、プラスティックや合成繊維など化学合成による石油化学系の材料について学ぶ。
●複合材料
金属、セラミックス、高分子のふたつ以上を混ぜ合わせた新材料や、混合を分子や原子レベルで行うハイブリット材料について学ぶ。
<加工・処理、生産工学>
●加工・処理
材料の腐食防食や、微細加工、レーザー加工など、加工や処理の方法について研究する。
●生産工学
材料の効率的な精製や結晶の育成、省エネルギーでの生産など、生産手法について研究する。
材料工学を学べる学校を探すならリクナビ進学