• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 業界を調べる
  • ものづくり業界
やりたいことを見つけよう!

「夏子の酒」佐伯夏子がナビゲート!ものづくり業界★を徹底研究! 各種メーカー(自動車・食品・科学)など

自動車、家電などの工業製品から、薬品や食品まで、非常に幅が広いものづくり業界について、『夏子の酒』の佐伯夏子がナビゲート。この業界にはどんな会社がある?仕事のやりがいは?どのくらい稼げる?求められる力は?など、気になる業界が自分に合っているか徹底研究しよう!

『夏子の酒』著者/尾瀬あきら
舞台は新潟県の造り酒屋。主人公・佐伯夏子が実家の佐伯酒造の見習い専務となり、兄の遺志を継いで幻の酒造米「龍錦」を使った酒造りに挑む。造り酒屋での日本酒造りの工程や酒造り職人の仕事が丹念に描かれている。 ©講談社

業界がわかる漫画1話をピックアップ「夏子の酒」を読んで、ものづくり業界で働くおもしろさを知ろう!

こんな業界

Q ものづくり業界って?

製品のアイデアを考え、製品化するための具体的な内容を決め、必要な原材料を仕入れて、工場などで生産するのがものづくり業界です。最終的な商品を作る会社だけでなく、部品を作ったり、原材料を加工したりする会社もたくさんあります。企業規模も、「佐伯酒造」のような小さな会社から、世界各地に工場をもつグローバル企業までさまざま。手先の器用さや仕事の丁寧さなど、日本人の強みが最大限に生かせる業種ですね。

Q ものづくり業界で働くおもしろさは?

自分たちの手で新しい製品を生み出すことが「ものづくり」の醍醐味。私たちが幻の米「龍錦」を使った日本一の酒造りを目指しているように、それぞれの会社で、こだわりをもってものづくりに取り組んでいます。だからこそ、納得のいくものができあがり、それが世の中に受け入れられたときの喜びは格別。また、ものづくりは企画・開発・営業など各部門のチームプレーなので、その喜びを仲間と分かち合えるのも魅力です。