進学トレンド

大学?短大?専門学校?先輩たちにそれぞれのメリットを聞いた

大学?短大?専門学校?先輩たちにそれぞれのメリットを聞いた

卒業後の進路として、大学がいいのか、短大がいいのか、専門学校がいいのか…と迷っている高校生は少なくないのでは?

 

リクルート進学総研の調査(「進学センサス2013」2013年7月<以下同>)によれば、短大や専門学校に進学した人たちの3~4割は、高校入学当初は大学志望だった。高校3年間でいろいろ考えて進路変更をするケースは珍しくないのだ。

 

大学にも短大にも専門学校にもそれぞれメリットがある。大切なのは、自分の目的や希望と照らし合わせてじっくり検討すること。こんなときには進学経験者の意見も参考にしてみたいところだ。というわけで、今年、進学した先輩たちに聞いた大学・短大・専門学校それぞれのメリットを紹介しよう。

 

●大学進学者が感じている「大学に進学するメリット」

1位 将来の選択肢が広がる 80.4%
2位 学生生活が楽しめる 80.3%
3位 クラブ・サークル活動を楽しめる 79.3%
4位 幅広い教養を身につけられる 77.2%
5位 有名企業や大手企業に就職できる可能性が高くなる 77.1%

 

大学は、学生生活が長いこともあり、自分が成長できる場、幅を広げられる場としてとらえている人が多いようだ。また、勉強・就職とは直接関係ない「楽しみ」が上位にきているのは大学だけ。ちなみに短大や専門学校でもクラブ・サークル活動は楽しめます(念のため)。

 

●短大進学者が感じている「短大に進学するメリット」

1位 早く社会に出られる(2年で卒業できる) 79.1%
2位 少なくともどこかに就職できる可能性が高くなる 58.9%
3位 自分の目指す仕事・職種につける 58.6%
4位 やりがいのある仕事ができる 58.2%
5位 自分のやりたい専門分野の勉強に集中できる 57.4%

 

短大は「早く社会に出られる」が2位以下を大きく引き離してトップ。専門学校も2年の課程が一般的だが、短大進学者の場合は特にこの点をメリットと感じている人が目立つ。2位を見ると、まだ目指す仕事までは決まっていない人も多いのかも。

 

●専門学校進学者が感じている「専門学校に進学するメリット」

1位 自分の目指す仕事・職種につける 86.6%
2位 自分のやりたい専門分野の勉強に集中できる 86.2%
3位 特定の業種・業界に就職しやすい 83.3%
4位 手に職をつけられる 82.2%
5位 そこでしか学べない内容がある 79.1%

 

専門学校はわかりやすい結果に。すべて、仕事・就職やそのための専門知識・技能習得に関係するメリットがズラリと挙がっている。大学と比べると上位の回答はかなり対照的な印象だ。

 

さて、以上が実際に進学した人たちが感じている大学・短大・専門学校それぞれのメリット。一見すると、ほとんど仕事・就職関連のメリットが挙がっている短大・専門学校と比べると、大学はそのあたりのトーンは弱めな印象がある。

 

ただし、これは、目指す業種や仕事をすでにある程度決めているのか、これから自分の可能性を広げるなかで決めていこうとしているのかの違いも大きい。最終的に「就職」というところにつながっていくのはどこも同じなので、「就職重視なら専門学校がいいの?」と結論づけるのは早いかも。大学で教養の幅や視野を広げたほうがより自分に合った仕事をみつけられる可能性だって十分あるからだ。

 

その点を踏まえつつ、先輩たちの挙げたメリットを参考に、自分の希望や志向にピッタリ合う進路を考えてみよう!

伊藤敬太郎 ライター

伊藤敬太郎

Webサイト、情報誌、メルマガなどで、教育、資格、キャリア、ビジネスといった分野を中心に活動。これまでに執筆した主な媒体は『キャリアガイダンス』『社会人・学生のための大学&大学院選び』『リクナビNEXT』『仕事の教室ビーカム』など。

ページのトップへ