高校生の今

これをやめるだけ!? モテる男子高校生になるための10のポイント

これをやめるだけ!? モテる男子高校生になるための10のポイント

女子にモテるために努力してるのに、なぜだか全然モテない…
 
そんなふうに感じたことがある男子は多いのでは?
 
実は、男子がよかれと思ってやっている行動の中には、女子からすると「全然イケてない!」「むしろマイナス!!」なんてことがけっこうあるみたい。
 
そこで、『スイーツ女子図鑑』の筆者で、『チーズケーキ女子』『アップルティ男子』など、リアルな男女の生態を分析して描きわけているイラストレーターの大石蘭さんに、街の女子高生に聞いた「勘違いな男子の行動」の回答をふまえてお話をうかがった!
 

【ルックス編】“自意識高い系男子”は見抜かれる!?

 
これをやめるだけ!? モテる男子になるための18のポイント
※タップで拡大!
 
まず最初は「外見」から。
 
男子が思う「かっこいい」と女子が思う「かっこいい」には、大きな溝があるみたい!

「外見に気を使うことは大切ですが、ワックスのつけすぎで髪の毛がベタベタしていたり、常に前髪を触っていたりすると、清潔感がなくナルシストな印象に。
 
それならまだ、寝癖がついているくらいの方が『かわいげがあるな』と許せる女子は多いと思いますね。
 
制服の着こなしについては、シャツがズボンから出ていたり、ズボンが下がり気味だったりすると、男子的には『キッチリ着るよりイケてる!』と思うかもしれませんが、女子は『だらしない』『チャラい』と感じてしまいます

 
また、男子にとっては無意識の行動だったとしても、鏡や窓に映る自分をチラチラチェックしたり、鳴ってもいないスマホを何度もチェックしたりしていると、「自意識過剰な人…」と引かれてしまうことも。
 

「女子は、自分のことをかっこいいと思っている“自意識高い系男子”を見抜くのがとても得意です。
 
髪型もそうですが、常にかっこいい状態をキープしていることよりも、大口を開けて笑ったり、変顔ができたりと、自然体で接してくれる男子の方が、女子からの好感度は高いんですよね」

 

【男らしさ編】後輩に強気な態度は逆効果!強い者に挑んでこそ男!

 
これをやめるだけ!? モテる男子になるための18のポイント
 
男らしさは、女子が求めるモテ要素の1つ。
 
でも、間違ったアピールをすると好感度を下げてしまうことも…!

「女子を“女の子扱い”してくれたり、みんなの意見を代表して先輩や先生に勇気をもって反論してくれたりするのは、好印象な男らしさだと思います。
 
ただ、飲食店などで“ビビってないぞ!感”をアピールしようとして店員さんに強い口調で接したり、女子が見ている前でわざと後輩をパシリに使って権力をアピールしたりするのは逆効果。
 
『相手によって態度を変えるんだ』『自分より弱い相手にだけ強気なんだ』とマイナスな印象に…。
 
お母さんに強い口調で接するのも同様です。
 
逆に、いつもはツンツンしている男子が、後輩や店員さんにやさしくてていねいに接している場面を目撃すると、キュンとする女子は多いと思いますよ」

 
また、男同士でわざと女子に聞こえるように下ネタを話して「経験豊富なイケてる集団アピール」をしたり、「忙しい男アピール」をするのも逆効果
 

「下ネタで盛り上がっていたとしても、忙しさをアピールされたとしても、女子からすると『だからなに!?』としか思わないし、幼稚に見えますよね。
 
もし、バイトを頑張ったことをホメて欲しいなら、ストレートに『自慢してもいい? オレ、バイトこんなに頑張ったんだよ!』と言われたほうが、素直に『すごいね』と言えたり、『そんなの全然普通だから!』とつっこめたりして、会話が盛り上がると思います」

 
ちなみに、机に座ったり、靴や上履きを履いたままイスに足を乗せたりするのも、“ワイルドな男”ではなく“お行儀の悪い男子”という印象をもたれてしまうので要注意!
 

【やさしさ編】無責任な励ましは女子をイラッ!とさせる!?

 
これをやめるだけ!? モテる男子になるための18のポイント

「やさしさはモテにつながる要素ですが、女子には『あなたに言われたくない!』と思う“領域”があります。
 
例えば、体型について。
 
『やせた?』というのは一見、ホメ言葉に聞こえますが、『今まで太ってるって思ってたんだ』『私の体型をいちいちチェックしないで!』と思うのが乙女心。
 
お菓子を食べているときに『太るぞ~』とイジられたりするのも男子が思う以上にイラッとします(笑)。
 
ちなみに、髪型や服装をホメるときも『制服より私服のほうがかわいいね』『ショートのほうが似合うじゃん』などと、比較してホメると『今まで似合ってなかったってこと!?』と感じる場合があるので要注意です」

 

外見は、想像以上にデリケートな部分。
 
自信がない男子は、あまり触れないほうが無難かも…!?

「また、『頼んでもいないのに勉強を教えてくる』というのも、女の子からは敬遠されがちな行動です。
 
勉強を教えてあげること自体が悪いわけではなく、問題なのは聞かれてもいないうんちくを話すこと! “女子のために”教えているのではなく、“知識自慢アピール”をしたくて教えているというのが見えると、げんなりしてしまいます。
 
『オレもわかんなかったんだけど、こうしたらできたよ!』と、女子がわからないポイントを同じ目線で教えてくれると『やさしいな』と感じると思いますね」

 

それから、「女子は頭ポンポンが好き」という思い込みも危険!
 
「これは、あくまでも“好意のある男子”に“ここぞというタイミングで”されるからキュンとするんですよね。
 
部活の試合で負けた後や失恋をした直後など、自分のことだけで精一杯の時に、何とも思っていない男子から頭をポンポンされて『次、頑張れよ!』といった無責任な励ましをされると、イラッとする女子は多いと思います」
 

【SNSアピール編】どんだけ親友いるんだよ!? やりすぎ投稿はNG!

 
これをやめるだけ!? モテる男子になるための18のポイント

SNSでの“イケてるアピール”も、女子的にはイマイチ…というものが多いんですよね。
 
例えば、『おはよう』といった特に意味のないつぶやきにも『いいね!』をする男子。
 
『いいね!』をされるのはたしかにうれしいものですが、どんな内容でも投稿するたびにすぐ『いいね!』をされると、女子は『本当に思ってる?』『監視されてる…?』『いろんな女子にいいねしまくっててチャラい』と不信感をもってしまいます。
 

また、『プロフィール画像がキメ顔の自撮り』という人は自意識が高い印象で嫌われがち。
 
盛られたキメ顔よりも、友達との自然な笑顔や変顔のほうが好感度が高まります。
 
さらに、写真を頻繁に変えていると『飽きっぽいのかな』『かまってほしがりなのかな』と思われることも…。
 
“友達多いアピール”も『親友何人いるんだよ!?』とつっこみたくなってしまいますよね(笑)」

 

女子にモテる男子を目指すなら、“こんなオレ、どう?”アピールは避けるべし!

 
では、女子から好印象をもたれる男子になるにはどうしたらいいの?
 

「女子は、『私のためとかいっておいて、結局自慢したいだけじゃん!』といった男子の“本音”に敏感です。
 
だからこそ、本当に女子のためにやさしくしてくれたり、男らしさを見せてくれたりすると、キュンとするんですよね。
 
自分のかっこよさをアピールするのではなく、たとえかっこ悪くても、女子が求めていることに全力でこたえるようにすれば、好感度はアップすると思いますよ」

 

たしかに、「こんなオレどう? イケてるでしょ!」という“ドヤ感”が見えると、「はいはい、すごいね~(めんどくさ…)」と思う女子は多いのかも!?
 
自慢したいときは「ちょっと自慢していい?」と前置きするなど、変な小細工をせずストレートに接してくれる男子のほうが、“勘違いなアピール”をする男子より、女子の好感度は高いのかもね。
 
イラスト: 大石 蘭 (SUITE IMAGE)

内田静穂 short cut

内田静穂/short cut

1991年1月生まれ。滋賀県出身。お肉とアイドルと謎解きが好き。学生時代はさまざまな職業を体験したいと思い、塾講師、イベントスタッフ、カフェなど掛け持ちをしてバイトにいそしんでいました! 現在はライター事務所・ショートカットに所属し、日々修行中です。

ページのトップへ