高校生の今

口だけで音色を奏でる! ヒューマンビートボクサー・Rinka

口だけで音色を奏でる! ヒューマンビートボクサー・Rinka

「ヒューマンビートボックス」って知ってる?  
これは、ドラムやトランペット、ハーモニカなど、さまざまな音を“口”だけを使って表現するテクニック。この分野で“女子高生ヒューマンビートボクサー”として注目を浴びているのがRinkaさん(18)だ。

 

2013年に、ソフトバンクやスバルのCMで数々のテクニックを披露し、話題に。さらに、アニメ『寄生獣 セイの確率』にも“エフェクト声優”(キャラが動く音を口だけで表現する)として出演している。

 
 

■あきらめずに頑張り続ければ、結果はついてくる!

 

そこで、Rinkaさんご本人を直撃!
 そもそも、ヒューマンビートボックスを始めたきっかけは?

 

口だけで音色を奏でる! ヒューマンビートボクサー・Rinka

 

「小さいころから通っていたダンススクールに、小6の時、ヒューマンビートボックスのクラスができたので『おもしろそう』と思って始めたんです。そこから、『もっといろいろな音を出せるようになりたい!』と思って。YouTubeで海外のプロのプレイを見て、口の形や音の出し方をひたすら真似して家で練習しましたね」

 

通学中も音楽を聴きながら、それに合わせてビートを刻んだりと、「自分で音を作り出すのが楽しくて、いつでもどこでも練習していた」とのこと。そんな彼女が初めてヒューマンビートボックスの大会(「音転罵CONNECTION vol.1」)へ出場したのは中学3年生の時だそう。

 

口だけで音色を奏でる! ヒューマンビートボクサー・Rinka

 

「知り合いに誘われて軽い気持ちで出たんですけど、結果が準優勝だったのがすごく悔しくて…。『1番を取りたい!』と、さらに練習に熱が入りました。思うように音が出せなくて悩むことも多かったけど、あきらめずに練習し続けたら出したい音が出るようになったんです」

 

その2年後、16歳になった彼女は全国大会である「HUMAN BEATBOX BATTLE JAPAN 2013」へ出場。そこで見事優勝し、日本一に!
 その時、「頑張っていれば、必ず結果はついてくる」と、実感したそう!

 
 

■誰かのきっかけになれたことがうれしい

 

また、ヒューマンビートの世界では女子高生は珍しく、「周りが年上や大人ばかりなので学校ではできない体験ができるんです」と、Rinkaさん。中学生のころから大人に混じって「日本のヒューマンビートをもっと発展させるには…』といった話をしていたので、大人目線の考え方ができるようになったとか。

 

ただ、勉強との両立に悩むことも…。

 

「お仕事やイベントで夜遅くに家に帰ることも多くて、疲れて学校の授業に集中できないことも多いんです。でも、一度大会に親を呼んだ時、応援されている私を見て『Rinkaにはこんなに素敵な仲間がいるんだ』って泣いてくれて…。支えてくれる人がいるから勉強もヒューマンビートも頑張ろうと思えます。それに最近は、『Rinkaさんを見てヒューマンビートを始めました』と言われることが増えたんです。そんな風に誰かのきっかけになれたことがうれしいですね」

 

最後に今後の目標を聞くと、「あこがれている海外のアーティストと共演したいです。ユーチューバーのヒカキンさんみたいに一般人から有名人になった方もいるので、もしかしたら夢じゃないのかなって」と語ってくれた。

 

ヒューマンビートを通じて、新たな世界へ飛び込んだRinkaさん。あきらめずに頑張り続ければ、道は開けるはず…!

注目キーワード

岡本温子 short cut ライター

岡本温子/short cut

1984年1月生まれ。佐賀県出身。体育系大学卒、保健体育の教員免許アリと経歴は体育会系ですが、見た目は色白もやしっこ(中身は少し体育会系)。ライター事務所・ショートカット所属し、webメディアや雑誌で原稿を執筆しています。

ページのトップへ