高校生の今

渋谷の街でタイム測定! 高校生ケータイメール早打ち選手権!

渋谷の街でタイム測定! 高校生ケータイメール早打ち選手権!

LINE、twitter、ブログなど…。1日のうちでスマホに文字を打ち込んでいる時間は、想像以上に長いもの。
 
ケータイ必須のイマドキ高校生は、文字入力のスピードがかなり早いのでは!?

 

そこで、渋谷の街行く高校生22人に、難易度1〜3までの“例文”を入力してもらい、タイムを測定してみることに! 
 

■よく使う単語は予測変換フル活用でスピードMAX

 

【レベル1/明日の英語のテスト範囲わかる?もし知ってたら教えて!】
平均タイム 19秒91
 
・「『あ』って打ったら『明日』が予測変換で出てきて、『え』で英語、『て』でテストが出てきたから、文字を入力する数が少なくて済んだ」(高2女子・東京)
 
という声があるように、予測変換をフル活用した人が多く、好タイムが続出。一番早かった人は、なんと10秒05! 早く打つコツを聞いてみると、 
 
・「できるだけ変換の回数を少なくする」(高1女子・東京) 
 

とのこと。確かに、彼女が文章を打つ様子を観察すると、「あしたのえいごのてすとはんいわかる?」までをひらがなで入力し、一発変換! 後半も「もししってたらおしえて!」と打ち込んでから変換していることが判明。複雑な変換がない時は、できるだけ長くひらがなで入力してから、一気に変換するのが早打ちのコツみたい。
 

渋谷の街でタイム測定! 高校生ケータイメール早打ち選手権!

 
 

■個人名やアルファベットに苦戦。使える裏技も登場!

 
【レベル2/ゴールデンウィークってナニしてる?みんなでTDL行かない?彩子と樹里奈も「行きたい!」って言ってた♪】
平均タイム 1分12秒91 
 
・「TDLが予測変換で出てこなくて、『てぃ』『でぃ』『える』って打って変換したから時間がかかった」(高1女子・埼玉)
 
と、アルファベットに苦戦した人が多数。個人名の入力は、“樹里奈”が見つけられず「樹里」+「奈良」と入力して“良”を消す、という人が目立った。また、意外に時間がかかっていたのがカギカッコ! 
 
・「いつも使わないからどこにあるかわかんない!」(高2女子・神奈川) 
 
という人が多いなか、平均タイムを40秒近く縮める34秒06(!)という最速記録をたたき出した人は、 
 
・「隠れてるけど、『や』のところを左にスライドすると『「』、右にスライドすると『」』が出てくる」(高1女子・神奈川) 
 
という裏技を披露! これは知っているとかなり使えそう。
 
 

■最後は数字と漢字と記号が入った長文。難関にリタイヤ寸前…!?

 
【レベル3/5月30日の土曜日、11:30にTSUTAYA前集合でOK!?12時からの映画観よ〜☆いっつも遅れちゃうけど今回はぜっっったい遅刻しません!!!】
平均タイム 1分33秒72
 
この長文で、みんながもっとも苦戦したのが11と30の間にある“:”。「どこ!? ないー!」と絶叫する人が続出! 結局、 
 
・「『7』を連打してみたら、たまたまあった」(高2女子・千葉) 
 
というように、偶然みつけた人がほとんど。あとは、「TSUTAYA」を「つたや」とひらがなで入力して予測変換を使うか、一文字ずつアルファベットで入力するかでタイムに大きな差が。メジャーな名称は予測変換に登録されていることが多いので、ひらがな入力のほうが断然早い! また、 
 
・「OKは、『オッケー』では出てこないけど、『オーケー』なら予測変化で出てくる」(高1女子・神奈川) 
 
なんて小技を教えてくれた人も。ここでの最速記録は51秒40。この記録保持者は 

 
・「『5月30日』は『ごがつ』『さんじゅうにち』ってひらがなで打った」(高3女子・東京) 
 
というから驚き!
 

渋谷の街でタイム測定! 高校生ケータイメール早打ち選手権!

 
 
どうやら、「数字+漢字」は変換が難しく、「5がつ」と入力してから変換すると「五月」になってしまうので、すべてひらがなで打ったほうがいろんなバリエーションの予測変換が出て、結果的に時間短縮になるみたい。
 
マネしたい裏技も飛び出した今回の調査。グループLINEでテンポよく会話をしたい時などに試してみるといいかも!? あなたの入力スピードは、平均タイムよりも早い? 遅い?

注目キーワード

榛村季溶子 short cut ライター

榛村季溶子/short cut

1980年4月生まれ。静岡県出身。黒はんぺんが全国共通だと思い込んで育ったため、コンビニのおでん売り場で白いはんぺんを見たときは「メレンゲが浮いてる!」と衝撃を受けました。そんな私も上京して早15年。ライター事務所・ショートカットに所属し、雑誌、web、広告など幅広く執筆しています。

ページのトップへ