高校生の今

ドラえもんのひみつ道具、手に入れるなら何?

ドラえもんのひみつ道具、手に入れるなら何?

3月9日より、『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』が公開スタート。

 

これを記念し、マクドナルドでは3月8日から約3週間の予定で、ひみつ道具をモチーフにしたおもちゃつきのハッピーセットを販売する。おなじみの「タケコプター」や「どこでもドア」、「くうきほう」などに、飛ぶ、音が鳴る、光るといった仕掛けがほどこされる。

 

そんなひみつ道具は、いくつになっても魅力的な存在。誰もが一度は、四次元ポケットから飛び出すアイテムを使って「あんなこといいな、できたらいいな」と夢見たことがあるはずだ。

 

そこで、リクナビ進学は2012年9月、高校生400人に向けて“ドラえもんのひみつ道具で1つ手に入るとしたら?”というアンケートを実施。その結果をランキング形式でご紹介しよう。

 

1位:どこでもドア

行き先を念じて扉を開くだけで、望んだ場所へ瞬時にたどり着ける、移動系アイテム。毎日の通学はもちろん、旅行にこそ使用したい。

 

2位:もしもボックス

公衆電話を模した、大型のひみつ道具。受話器に向かって「もしも○○だったら~」と話すことで、その仮定の設定を体験できる。レトロな見た目も素敵。

 

3位:四次元ポケット・スペアポケット

ドラえもんの丸々としたお腹に装着された、ひみつ道具を格納しておく大切なポケット。ちなみにスペアは、ドラえもんの寝床でもある押し入れの中に収納。

 

4位:タイムマシン

タイムワープで、過去と未来を自由に行き来できるアイテム。ドラえもんがのび太のもとにやって来られたのも、この道具があったおかげ。

 

5位:タケコプター

頭部につけてスイッチを入れるだけで、空を自由に飛び回ることが可能。だが実は電池式なので、長時間の飛行時には注意が必要だ。

 

やはり一番人気は、好きな場所へ一瞬で行ける「どこでもドア」。もし、こんな道具があったら…と想像するだけでも楽しいドラえもんの世界。たまには、空想にふけるのもいいかも?

田中美枝 effect 編集者・ライター

田中美枝/effect

編集プロダクション・エフェクト所属。食べ歩いたり、お嫁に行ったりで、最近は事務所にもほとんど顔を出していないお転婆ライター。着ぐるみを着てダンスするアルバイトのせいで維持されていたスタイルも、大学を出てわずか数年で、すっかりうっかり、どこへやら。明日は出社するのやら。

ページのトップへ