高校生の今

自分たちとは世代が違う! 高校生が後輩に「若いわ~」と思う瞬間

自分たちとは世代が違う! 高校生が後輩に「若いわ~」と思う瞬間

高校生にとって、1、2年の歳の差は大きいもの。
 
ふと後輩を見ると「私たちのころとは世代が違う」「若いわ~」と思う瞬間があったりして…!?
 
そこで、渋谷の街行く高校生に「後輩を若いと感じることがある?」と聞いてみたところ、50人中43人が「はい」と回答! ほとんどの先輩が“世代の差”を感じているみたい。
 
では、一体どんな時に違いを感じるのかを詳しく聞いてみた!
 

【服装&メイク編】

 
自分たちとは世代が違う! 高校生が後輩に「若いわ~」と思う瞬間
 

・「露出が激しい!自分らの体型じゃ無理(笑)。後輩は、手足が長くて次世代体型だと思う」(高3女子・神奈川)
 
・「うちらは先輩を見て『オシャレだな』って思ってたけど、今は後輩のほうがハイセンス!」(高1女子・東京)
 
・ 「メイクがガッツリ!高1の1学期にはもうしっかりメイクしてる。早い!」(高2女子・東京)

 
外見に関しては「自分たちよりも後輩世代のほうがオシャレ」と感じている人が多かった。
 
先輩から見ると、後輩たちはメイクも服装もハデみたい。
 
その理由については、
 

「脱ゆとりで授業が増えてるから、その反動で服装がはじけちゃったのかも?」(高3女子・神奈川)

 
と分析する人も。
 
服装&メイクについては、
 

「今からそんなにオシャレしてるとお金なくなるよ~」(高2女子・神奈川)

 
という心配の声はあったものの、
 

「自由でいいと思う」(高2女子・東京)

 
といった肯定派がほとんどだった。
 

【先輩への態度】

 
自分たちとは世代が違う! 高校生が後輩に「若いわ~」と思う瞬間
 

・「私たちのころより、人によって態度の変えかたが激しい! 恐い先輩にはちゃんとあいさつするのに、やさしい先輩にはあいさつしないとか、人を選んでる子が多い」(高3女子・神奈川)
 
・「敬語が使えない。『そうそう~!』『そうなんだ~』とか、相づちがタメ語でびっくりする」(高1女子・東京)
 
・「『ちゃん付け』で呼ばれる。初めて会った後輩の友たちも『ちゃん付け』で呼んでくる」(高3女子・東京)
 
・「文化祭とか行事の時に、平気で3年生の教室に入って来る。私たちの代では考えられなかった!」(高3女子・東京)

 
今回、一番多くの回答が集まったのが「先輩への態度」に関する世代間ギャップ。
 
後輩へのグチともとれる“お叱り”のコメントが続出!
 
言葉づかいも距離感も態度も、
 

「自分たちのころよりなれなれしい!」(高2女子・東京)

 
と感じている人が多かった。
 
積極的に先輩にからむのは悪いことではないけど、あいさつや敬語などの“礼儀”はちゃんとしてほしいというのが先輩の本音!
 

【恋愛】

 
自分たちとは世代が違う! 高校生が後輩に「若いわ~」と思う瞬間
 

・「先輩と付き合いたがる! 自分の時は、女の先輩が怖くてそんなことできなかった」(高2女子・東京)
 
・「付き合っていることを隠さずに堂々としてる」(高2女子・東京)
 
・「男子へのアピールが積極的!『この人たち付き合ってるの?』ってくらい距離が近い。あんなふうに話しかけられるなんていいな…」(高2女子・神奈川)

 
恋愛については、
 

「後輩世代のほうが恋愛体質!」(高1女子・東京)

 
という意見が大多数。
 
異性に気軽に話しかけたり、遊びに誘ったりできるメンタルをうらやましいと思う反面、
 

「すぐ別れてすぐ付き合う人が多い。ひとつの恋愛を大事にしろ!」(高3女子・東京)

 
という厳しい意見も。先輩の目には、後輩は「リア充」に映ることが多いみたい。
 

【SNS】

 
自分たちとは世代が違う! 高校生が後輩に「若いわ~」と思う瞬間
 

・「ツイッターとかインスタで『つぶやきたいから友たちと遊んでる』っていう子ばっかり! 写真を載せたくてわざわざオシャレなお店でランチしてる」(高3女子・東京)
 
・「『私たちのこと知ってる人RT!』とか、アイドル気取って拡散ツイートしたがる人が多い」(高2女子・東京)
 
・「誰にでも『誕生日おめでとうツイート』をしまくる。そんなにうすっぺらい仲間意識、いる?」(高3女子・東京)
 
・「『虫がいた』とか、なんでもLINEのタイムラインに上げたがる(笑)。そんなのまで投稿するんだって驚き」(高1女子・東京)

 
後輩のSNSの使い方に違和感をもつ先輩は意外と多いことが判明!
 
どうでもいいことをしょっちゅうつぶやきたがる後輩世代に、先輩は疑問を感じている様子。
 
また、
 

・「部活の連絡事項にスタンプだけで返してくる! これはない! ちゃんと『了解しました』とか、文字で返してほしい」(高3女子・東京)
 
・「先輩もいるグループラインで、いきなり『これ◯◯ちゃんが撮った写真です』って投稿して1年だけで盛り上がってる。先輩も見てるのに」(高2女子・東京)

 
など、SNSを通した先輩とのからみ方にも認識の違いがあるみたい。
 
自分たちとは世代が違う! 高校生が後輩に「若いわ~」と思う瞬間
 

・「私たちの時は、先輩にLINE返すだけで大事件だった。みんなで集まって『なんて返そう』って相談してたけど、今の子はオドオドしてない。何も考えてなさそう(笑)」(高2女子・東京)

 
なんて声も。
 
大人からは「イマドキの高校生は…」とひとくくりにされることが多いけど、実際は、学年によってさまざまな“常識の違い”があるみたい。
 
後輩のみなさん! 先輩と接する時はぜひご注意を!

榛村季溶子/short cut

榛村季溶子
short cut
ライター

1980年4月生まれ。静岡県出身。黒はんぺんが全国共通だと思い込んで育ったため、コンビニのおでん売り場で白いはんぺんを見たときは「メレンゲが浮いてる!」と衝撃を受けました。そんな私も上京して早15年。ライター事務所・ショートカットに所属し、雑誌、web、広告など幅広く執筆しています。

ページのトップへ