トップページへ

学校法人行岡保健衛生学園

病院とともにある学び。「やさしい医療」のプロへ

学校法人行岡保健衛生学園の強み

優れた医療技術者を養成する“医療の総合学園”。系列病院との連携も魅力

学校法人 行岡保健衛生学園は、看護、歯科衛生、放射線、臨床検査、鍼灸、整復、理学療法と7つの医療系学科を擁する“医療の総合学園”。83年もの歴史と実績を持ち、医師、看護師、理学療法士、臨床検査技師などが連携して患者さまの治療にあたる「チーム医療」の時代にふさわしい医療技術者を社会に送り出しています。地域医療に貢献し続けている総合病院「行岡病院」を系列に持ち、質の高い授業や充実した臨床実習を実施しているほか、西洋医学と東洋医学の融合、医師と医療技術者の連携・協同など、医療をトータルに捉えた教育を展開。長年の教育実績で培った多くの医療施設とのネットワークで、就職のサポートもきめ細かく行っています。

グループ校サブphoto

グループ校一覧(全3校)

私立大学/大阪

44 年もの教育実績を誇る充実の教育環境のなか、現場で求められる質の高い理学療法士を育成しています。身体と心の両面からアプローチし、次代のリハビリテーション医療を担う新しい大学教育を展開します。

 
専修学校/大阪

2013年9月、近畿医療技術専門学校、行岡鍼灸専門学校、行岡整復専門学校が統合し、大阪行岡医療専門学校 長柄校として誕生。診療放射線技師、臨床検査技師、鍼灸師、柔道整復師として活躍できる人材をめざします。

専修学校/大阪

就職に強い看護師、歯科衛生士を養成します。卒業後、即戦力として活躍できるよう実践中心のカリキュラムを用意。学生個々に応じたきめ細かい指導で、現代の医療現場に対応する専門知識・技術を習得します。

 
学校法人行岡保健衛生学園