オープンキャンパスに行こう!

大学・短大・専門学校のオープンキャンパスを、日程やイベント別に詳しく探せるよ。
オープンキャンパスに参加して、自分にあった学校を見つけよう!

8月20日に発生した広島での大規模土砂災害で犠牲となられた皆様に深く哀悼の意を表すると共に、被災された方、そのご家族・関係者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
この災害の影響を受けて、該当地域の一部の学校でオープンキャンパスの開催日程が変更となっている場合がありますので、参加される際は開催状況を事前に学校と確認ください。

イベント内容から探す

オープンキャンパスを、模擬授業や体験実習などイベント内容別に探してみよう

オープンキャンパス ピックアップ

オープンキャンパスよくある質問例

◆オープンキャンパス基礎知識

  • オープンキャンパスに行くときの服装は、制服?私服?
  • 制服でも私服でもOK!自分の動きやすい服装を選ぼう。ただし訪問先に不快感を与えるような服装は避けるように気をつけよう。
  • オープンキャンパスにサンダルはダメ?
  • 意外とたくさん歩くので、普段履き慣れた歩きやすい靴で出かけよう。サンダルやミュールなどよりは運動靴などのほうが歩きやすいかも。
  • オープンキャンパスの持ち物は?
  • 筆記用具やメモ帳、学校の連絡先、地図や路線図など事前に準備をしっかりしよう。また携帯電話などは持って行ってもOKだけど、授業や説明を聞くときはマナーモードにするか電源を切ることを忘れずに!当日の持ち物、服装などは下記の記事でチェックしてみよう。持ち物・服装チェック 何着てく?何持ってく?必須8つ道具
  • オープンキャンパスは一人でいっていいの?親と行ってもいいの?
  • 約7割の人が友達と行っているみたいだけど、保護者と一緒に参加している人も年々増加しているみたい。保護者にとっても、どんな学校かはやっぱり気になるところ。他の人は誰と行ったかチェックしてみよう。オープンキャンパス 誰と行った?
  • オープンキャンパスで質問することは?
  • 卒業後の進路や学べる内容、奨学金などの制度に関する質問が多いよ。学校によって教員や先輩と話すことができるよ。
  • オープンキャンパスのチェックポイントは?
  • 進学や施設・設備、雰囲気や学ぶ内容、取得できる資格や卒業後の進路など、参加するオープンキャンパスが「なんだか楽しいだけだった」なんてことにならないように、見学のポイントを抑えておこう。ココをチェック!見学のポイント41を見てみる
  • オープンキャンパスは行くべき?
  • 「非常に役に立った」と回答した人は67%、「どちらかといえば約に立った」(28%)を合わせると「役に立った」と回答した人が9割を超える。平均参加校数は3.66校!複数の学校に行くことで学校ごとの違いがわかって納得感がより高まるよ。オープンキャンパス基礎知識を見てみる
  • オープンキャンパスの参加には予約が必要なの?
  • 事前に予約が必要な場合とそうでない場合があるので、早めに情報をしっかりチェック。また、予約せずに参加可能でも、予約をした人にはオリジナルグッズがもらえることも!リクナビ進学でもオープンキャンパス情報を載せているので、行きたい学校を確認してみてね。人気の学校では、予約受付開始後、数時間で定員に達してしまうこともあるそうだよ。予定が決まったら早めに予約しよう。リクナビ進学で予約可能なオープンキャンパスを検索
  • 将来やりたいことが決まってなくても参加して大丈夫?
  • 全然問題ないよ。やりたいことを決めに行こう。オープンキャンパスは、模擬授業や体験実習など、イベントがたくさんあるので、気軽に参加して、自分の興味や適性を探ってみよう!体験実習でオープンキャンパスを検索
  • 参加したいけど、交通費が高くて…。
  • 遠方からのオープンキャンパス参加者に対する交通や宿泊の補助を行っている学校もあるので、あきらめないで学校に確認してみよう。

◆キャンパスツアー

  • イベントの途中で抜けられる?
  • やむを得ない事情で抜ける場合は仕方がないけれど、その場合でもガイドの先輩に一声かける気配りを。
  • 何倍も楽しむコツを教えて!
  • 校舎や設備を自分の目で確かめ、授業や実習を体験し、先生や先輩と話をして学校の雰囲気を感じ取ることが大切。また、先輩だからこそわかる情報をゲットしよう。サークルや授業のことだけでなく、学生生活についても聞いてみて!ほかの学校と見比べることで、やりたいことや行きたい学校が見えてくるよ。
先輩たちの失敗談オープンキャンパスの活用テクニック
  1. 資料に載っていた都心のキャンパスを想像していたら、1・2年生だけキャンパスが分かれていて、郊外のキャンパスで、狭くて設備も古かった。(A大学経済学部2年 I.Sさん)
  2. 学年や学部ごとにキャンパスが分かれている学校は多いので、自分が通う可能性があるキャンパスが複数ある場合はすべてのキャンパスに行って確かめておこう。
  1. 入試の時に初めて学校に行ったら、キャンパス内の移動にバスで30分もかかり、自分の席に着いたころには、ギリギリの時間になってしまった。(T大学人文学部2年 T.Nさん)
  2. 郊外の学校は敷地が広いことも多く、移動手段にバスを使用する場合もある。キャンパスがどれくらいの大きさなのかを必ず確認し、前年の試験会場についても調べてみよう。
  1. 自分と価値観や考え方が合う先輩や同級生が周囲にいない。学生の見た目や雰囲気も、入学前に抱いていたイメージと大きく違っていた。(H大学商学部2年 K.Yさん)
  2. ガイドの先輩には、在校生の雰囲気を聞いてみよう。また一緒にツアーに参加している高校生にも話しかけたりしてみて、話が合いそうか確かめてみるのもオススメ。

◆入試説明会・学部学科説明会

  • 面接の内容とかについて聞いてもいいの?
  • もちろん!面接の傾向や話し方をはじめ、入試内容の詳細や、出願の際の注意点など、気になることは何でも聞こう。オープンキャンパスでは過去問の配付のほか、面接のポイントや小論文の添削指導など、入試のアドバイスが受けられることも。
  • オープンキャンパスに参加した/しないは選考に関係あるの?
  • 参加の有無は選考に関係ないよ。だけど、オープンキャンパスは学校のことを直接知るいい機会なので、参加がオススメ! またAO入試受験を考えている人は「オープンキャンパス」や「進学相談会」などへの参加が必要となったり、面接の際に施設の印象などを聞かれたりする場合もあるので、必ず学校情報を確認しよう。s
先輩たちの失敗談オープンキャンパスの活用テクニック
  1. 「法学部」という名前だけで、みんな選んでいるし、何となくこれでいいかと思い学校を選んだら、自分が勉強したいと思える授業が少なかった。(O大学法学部2年 N.Kさん)
  2. 同じ学問分野を学ぶ学部であっても、学校によって構成される授業はさまざま。自分が勉強したいと思える講義があるか、学部の授業計画やシラバスを確認しよう。
  1. AO入試は自分には無理だと思っていたのに、実際には自分でも十分応募できる基準をクリアしていたということを知らなかった。(R大学理工学部2年 Y.Nさん)
  2. AO入試で評価される実績や経験は、資料にすべて掲載されているわけではないので、高校での自分の活動や、志望動機などを説明会で伝えて、生かせるものはないか聞いてみよう。
  1. 興味のある学部が同じ大学内でいくつかあったものの、全部受験するとお金ががかかると、親に反対され1学部しか受験できなかった。(C大学工学部1年 Y.Nさん)
  2. 学校によっては複数学部出願することによって受験費用が免除される入試制度もある。保護者と一緒にどんな入試制度があるか話を聞き、理解してもらうのがオススメ。

◆模擬授業・体験授業

  • 模擬授業で先生に指されることもあるの?英会話ができないので英語の授業で指されると困る…。
  • 授業によってはあるけど、わからない場合は「わからない」と答えれば大丈夫だよ。とても不安になるかもしれないけど、心配せずにリラックスした気持ちで授業に参加してみよう。
  • 専門知識はないけど参加していいの?
  • オープンキャンパスの模擬授業でやる内容は、専門知識がない人でも楽しめるような授業内容だから、心配ないよ。
先輩たちの失敗談オープンキャンパスの活用テクニック
  1. 外国語の授業なのにネイティブスピーカーの先生が少なくて、発音やアクセントなど、実際にコミュニケーションとして通用するのか心配。(K大学国際学部2年 J.Tさん)
  2. 会話でのコミュニケーションが必要な外国語の授業は、ネイティブスピーカーの先生の存在が重要。学校に在籍する外国人の先生の国籍や人数なども確認しておこう。
  1. 実習は充実しているものの、美容業界に関する知識や現状などを教えてくれる授業が少なくて、就職活動をする時に少し不安…。(K専門学校美容・理容コース2年 Y.Yさん)
  2. 同じ分野の学校でも、学校ごとに重視しているポイントが異なっているので、実習と講義の比重も大きく違う。実習と講義がどのくらいのバランスで行われているかを確認しよう。
  1. 入学前は美容師志望だったけど、在学中にエステに興味が出てきて、なりたい職業が変わったけど、今のコースではエステを勉強できない。(B専門学校美容科2年 I.Kさん)
  2. 体験実習では、複数の実習を体験することもできる。自分の興味があるすべての実習に参加することで、自分が本当に挑戦したいコースをはっきりさせることが重要。

◆学内展示・作品発表

  • 作品を見るときに大切なことは?
  • 華やかな部分だけにとらわれるのではなく、「どうやって作ってるのかなぁ」と、ちょっとでも考えてみれば、作るときの環境など、また違った視点が見えてくるよ。コンテストや発表会の数や規模は学校によって違うので、ほかの学校にも足を運んで比較してみよう!
  • 展示作品に触ってもいいの?
  • デリケートな作品も多いので、必ず近くにいる係の人に確認しよう。
先輩たちの失敗談オープンキャンパスの活用テクニック
  1. 資料を見る限りレベルが高そうだったのに、実際は自分が期待していたほど、在校生や同級生の作品を作るレベルが高くなかった。(T大学工芸学科2年 N.Kさん)
  2. 先輩たちが作った作品は、自分がどんなレベルの環境で制作できるのかを知る重要なカギ。また学校によっては入試時の合格作品なども展示していることも。
  1. 専門学校ではコースごとに展示スペースが充実していたのに、ひとつのコースに時間をとられ、すべてを見ることができませんでした。(K専門学校先端技術コース1年 S.Kさん)
  2. 制作したゲームや音楽の視聴など、体験型の作品展示を見るには、意外と時間がかかるよ。余裕をもった校内見学スケジュールを作っておこう!

◆個別相談会

  • みんなどんな質問をするの?
  • 卒業後の進路(就職状況)、学びの内容、奨学金などの制度に関する質問が多いよ。
  • 誰が相談に乗ってくれるの?
  • 学校によって異なるけれど、教員や先輩と話すことができるよ。
先輩たちの失敗談オープンキャンパスの活用テクニック
  1. 自分がイメージしていた企業や公務員などの就職先についている卒業生が思っていたより少なく、卒業後のことが不安になった。(J専門学校情報科 A.Uさん)
  2. 先輩たちの就職についての実感を聞くことで、就職状況について予想することができる。より多くの先輩に話を聞いて自分の目標に合っているかを確認しよう。
  1. 学部によって、授業の時間割や勉強の忙しさがこんなに違うなんて知らなかった。毎週のように提出課題があるので、自由な時間がありません。(T大理学部2年 K.Oさん)
  2. 学部ごとに課題やレポートの提出量には差があるので、アルバイトやサークル活動に使える時間も変わってくる。さまざまな学部の先輩に学校生活の話を聞き、比較してみよう。
大学・短大、専門学校のオープンキャンパスを校種別に探してみよう
オープンキャンパス予約キャンペーン