トップページへ 進路選びサポートページへ
合格した先輩はこうして乗り越えた センパイ流 苦手科目克服法
英語 国語 数学 理科 社会 小論文・面接
【1】単語・文法・長文の三本柱を意識して強化
自分は本当に英語はだめでした。偏差値30とかでしたが、夏休み頃から毎日英文を一文は読んで、『速単(注:速読英単語)』という単語集の文を毎日15分音読することで、長文はある日いきなりスラスラ読めるようになっていました。単語は早いうちから始めて、毎日継続することが大切だと思います。あと長文を読んでいてわからない単語に出会ったら、1冊ノートを作ってそれにまとめていくと、効率よく覚えられると思います。(立命館大学/A )
文法は学校で配布されたプリントを解きまくる。長文は朝早く学校に行って図書館で解いた。単語は電車の中で暗記。(国学院大学/まるこ)
3年の夏までに単語を覚える。何回も何回も繰り返して覚える。そのあとは長文対策文法は2年までにやっとくといいかも。(東邦大学/Nicky )
【2】まずは単語力で底上げ
とにかく単語を覚える↑ 長文読解のときも、単語の意味がわかれば文法がわかんなくても、なんとなくでも意味をとれるカら、単語は大事☆(北里大学/みか)
毎日最低20単語は覚える!! という風に、自分で目標を立てて計画的に勉強してました。(立教大学/☆ようこ☆)
やっぱり英語は単語力が物を言います。なので模試に出てきた単語の中で、正確に意味が取れなかった単語を自分で単語帳にして、それを何度も見直して意味を頭の中に入れるといいです。(いわき明星大学/響哉)
やはり単語がすべて! 単語は絶対怠らないこと! でも単語を覚えるというより長文の中で出てきたわからない単語をその都度ひいて覚えたほうがいいと思う。(明治大学/ちゃき)
とにかく苦手だったので、まずは単語を覚えるところから。紙の辞書を使っている人は、わからなかった単語の部分に線を引くのがいいと思います。そうすると次回見たときに「前回もやったじゃないか! 覚えるぞ!」と、覚える意識があがると思います。私は電子辞書だったので、ノートにA〜Zのページを作り、調べた単語を書くことで、紙の辞書と同じ役割を果たせるようにしました。(高千穂大学/あんちゃむ.+゜)
語彙力がなかったので、文章を読む中で単語の意味を予想する練習を繰り返した。(鳥取大学/ミミ)
【3】文法をしっかり覚えて
英文法をナメないこと。文法を完全把握してしまえば、あとは読解も作文もトントン拍子で進む。最初が肝心!!(京都工芸繊維大学/kima)
文法は1冊の問題集をひたすら何度も繰り返し解いた。6周はやりました。(中央大学/のの)
【4】長文問題に慣れれば、英語が読めるようになる
私は長文に拒否反応が出ていたので、コツコツ読んでいって長文に慣らしていきました。辞書はあんまりひかない方がいいです。(東洋大学/茶花)
長文に慣れる→わからない単語も感覚で読めるようになる。(恵泉女学園大学/ホワイトダック)
ひたすら長文を読んで、わからない単語は直ぐに調べる。同じ長文はわからない単語がなくなるまでできるだけ読む。(亜細亜大学/よしちゃん)
長文に慣れるために長文を読みながら、文節で区切って意味をしっかり理解できるようにした。答え合わせや疑問点を解消してから、音読するとその長文がすらすら頭に入ってきた。(岐阜大学/M.K)
英単語をかなり重視して英単語ばかりやっている人がよくいるけど、自分からすれば本当に時間がもったいないと感じてしまう。特に難関校になればなるほど、絶対に単語帳には載っていないような単語を文脈から推測させる問題が多くなるので、単語帳とにらめっこするよりも、とにかく多くの英文に触れるほうがはるかに有益だと思う!(京都大学/シン)
長文を1日1文必ず読むようにしていたら、読むスピードがあがり、問題を解くときにも内容がつかみやすくなりました。(明治学院大学/spica)
【5】覚えられないものは書き出す
単語は、ノートに単語と意味を見やすく書く。そしてそれを休み時間や暇な時間にながめる。これで結構覚えられました!(立教女学院短期大学/華)
単語を死ぬ気で覚えました。ひとつの単語帳に絞ったほうがいいと思います。とにかく空いた時間にひたすら書きまくりました!!(同志社女子大学/らっく☆)
【6】問題を繰り返して解く
『英頻(注:即戦ゼミ3 大学入試 英語頻出問題総演習)』何回も解きなおすことで、力はつくと思います。(山形大学/まるちゃん)
とにかく同じ参考書を何度もやった。(明治学院大学/RIRIA)
ひたすら反復で覚える。(ECC国際外語専門学校/ゆか)
【7】毎日の生活に、楽しく英語を取り入れる
英語の文章を読んだり、音読したり、CDを聞いたり、日常的に英語に触れること。(学習院大学/えりんご)
3年生にはお勧めできませんが、1、2年の頃は海外ドラマや洋楽などから、単語や構文を覚えました。(立命館大学/スタート)
英語の映画を見る。(帝塚山大学/雲モクモク)
まずは英文の雑誌や洋書(ハリーポッター)などを読む。そうすると楽しくなるし続けられる。単語や熟語は電車のなかで必ず見る。(学習院女子大学/薫)
毎日洋楽を聴いていました。気分転換にもなっていいですよ。できれば覚えて聴きながら歌うといいかも♪(津田塾大学/ちょこ)
参考書を1日1ページ。あとは洋楽を聴いたり、アメリカの子とのメールで習った熟語を使ったりしました。 英語で日記も書いてみましたが続かなかったです。(小樽商科大学/フッキー)
【8】その他
最初に勉強を始めたとき、自分のレベルより少し低いものから始めました。理解できればやる気も続きます。(国際基督教大学/Amy)
単語が覚えられないときは自分だけじゃなくて塾の先生や友達に協力してもらう。プレッシャーをかければすぐできるようになる!(明治学院大学/ぷらむ)
耳に入ってきた声を英訳してみる。わからない単語があったら控えてあとからちゃんと調べる。(関西大学/しのあか)
とにかく声に出して読む。抜群によく頭に入るし、テンポ良く勉強ができるし、リスニング対策にもなりました。(専修大学/えこ)
苦手科目一覧 → 英語 国語 数学 理科 社会 小論文・面接
文理9科目のオススメ参考書はコレ!
1,000円で買える「お役立ち」参考書
受験のノウハウ大公開! 合格者の受験ライフ大調査 合格体験レポート