トップページへ 進路選びサポートページへ
合格した先輩はこうして乗り越えた センパイ流 苦手科目克服法
英語 国語 数学 理科 社会 小論文・面接
【1】自信をもつ
理系なのに数学が苦手で苦労しました。でも頑張って気合で少しずつ克服しました。苦手なんて正直気持ちの問題であって、苦手だと思って触れる回数が減るから他と比べてできないだけで、多少嫌でも真正面から少しずつでも挑んでいけば、意外と何とかなるものです。(立教大学/ゆかりン)
苦手だった分、とにかく克服してやろうと頑張った。簡単な問題からとにかく解いてみる! 難しい問題は即効やる気をなくすので基礎で自信をつけてからのほうがいい。(青山学院大学/燈芽)
【2】公式はしっかり覚える
基礎の公式を覚えて、あとは問題を解きまくった。(佐賀大学/いわちゃn)
とにかく基礎を大切に!(明治大学/ちゃき)
【3】解法パターンを一覧にする
解法を一覧にしてみる。結構数学ってパターンなので、ある程度問題パターンに対して解法を作っておけば、応用が利きます。(立教大学/ルイ)
【4】とにかくたくさんの問題を解く
練習あるのみ。こつこつとやるほうがいいです。問題を見て、反射的に公式が出るようになるまで続けてください。(日本大学/kurisoraito)
とにかく問題を解いて、解法のストックを増やした。(東北大学/ちゃこりん)
とにかく嫌いだった! なので、「ある程度」の諦めはつけたものの、決して「逃げ」はしなかった! たくさんの問題に触れ、多くのパターンを暗記するようにした!(京都大学/シン)
数学は一番の苦手科目でした。しかし、現実から逃げていても何にもならないし、とにかく演習量が足りないことが明らかだったので、迷う前にとにかく問題を解きまくりました。(神戸大学/サックスマン)
センターでは1Aだけだったのですが、最初の模試で26点をたたき出しました(笑)。でも繰り返し青本や過去問を解いて、どんな問題が出やすいか、それはどんなパターンで解けるのかを自分なりに探していったら、本番では91点取れました。(国際基督教大学/Amy )
苦手だからこそ毎日少しずつ取り組む!(東京外国語大学/勝ちみつキャンディ)
【5】問題集を繰り返し解く
問題集を3回繰り返しやった。数学は問題数をひたすらこなすことが必要だと思う。(岡山大学/AAA )
問題集で、自分の志望校の問題をすべて解く。また、その問題に関連した問題もすべて解く。間違えたところはチェックし、時間が経ってから間違えなくなるまで解く。どの教科にも共通するけれど、繰り返しはとっても大事!!!!(徳島大学/みぃ)
【6】わからないことは、わからないままにしない
わからないことがあったら、わかるまで先生に聞きました。しつこくてもいいからww笑(富山県立保育専門学院/篤姫ww )
数学の得意な友人にわからないことはどんどん聞く。(大阪電気通信大学/めろん)
数学の先生を好きになって、わかるまで聞くこと!!!(熊本保健科学大学/彩人)
【7】その他
センターのみでも記述のような練習をした。(奈良県立医科大学/もるん)
飽きっぽい性格なので、薄くて問題数の少ない問題集を繰り返し解きました。そのほうが、やっているという感覚がつかめていいと思いますよ。(城西国際大学/とみー)
解けない問題は答えを見て解き方を覚える!!(恵泉女学園大学/ホワイトダック)
苦手科目一覧 → 英語 国語 数学 理科 社会 小論文・面接
文理9科目のオススメ参考書はコレ!
1,000円で買える「お役立ち」参考書
受験のノウハウ大公開! 合格者の受験ライフ大調査 合格体験レポート