[1]先輩の見学会活動状況 [2]先輩の見学会アドバイス [3]同級生の見学会報告
合格した先輩たちの[行く前・当日]学校見学会アドバイス!
見学会には、その学校に行ったからこそ分かることがたくさんある。
先輩たちは、見学会に参加して、どんなことに気づき、
どんな感想をもったのか教えてもらったよ!
photo
行く前アドバイス[1]受験勉強のやる気がでる!
オープンキャンパスに参加している子を見て、みんなが賢そうに見えた(汗)ので、やる気が出ました!(boc/関西学院大学) 入試問題がもらえた。大学のグッズをもらって、受験に向けてやる気が出た。(サリナ/早稲田大学)
行く前アドバイス[2]自分に合う学校がわかる!
その大学を受ける受けないはともかく、たくさんの大学に行ってみることは決してムダにはなりません。学内の雰囲気や交通を知ることができますし、なにより、自分のやりたいこと、行きたい学部がはっきりしてきます。(kima/京都工芸繊維大学) パンフの印象と、実際に話を聞いたときの印象がまるで違う! やっぱり、実際に行って見て、聞いて、感じることが大事です!!面倒くさがらずに、志望校の候補にしようと思っているところは全部行く!くらいの勢いで足を運んでください!(QuietQ/香川大学)
行く前アドバイス[3]高2の頃から参加した方がいい!
3年生の夏休みは予備校の夏期講習が入ってしまったりして行きにくくなるので2年生、または3年の春のうちに行っておくことをお薦めします。(たりらん/早稲田大学) 受験科目の講義が聴ける・・・などなど、行ったら得することばかりでした。 高3から行ったのですが、高2から行っておけばよかったと思うくらいでした。 (ひよこまぬ/龍谷大学)
当日アドバイス[1]交通や、施設も確認しておこう!
思ったよりも駅から遠かったりと自分に合わない面も見えてくるかもしれないので、絶対にオープンキャンパスに行った方がいいですよ☆(ライライ/文京学院大学) 坂や階段が多く、キャンパスが広くて移動が大変だということも実感した。大学の規模の大きさに感動した。実際の施設を使ってみた方が良い。パソコン、図書館、食堂、学生ホール、トイレ…とにかく使える所は使う!(クロ/創価大学)
当日アドバイス[2]どのように学べるのか確認しよう!
模擬授業やガイダンスで自分の進路や、やりたいことにあったカリキュラムかどうか判断できる。(みにくーぱー/青山学院大学) 模擬授業は受けといた方がいいと思います。分かりにくい授業だったら、受けてもなかなか身につかないと思うからです。(kuroko/文京学院大学)
当日アドバイス[3]個別相談コーナーは、必ず立ち寄ろう!
個別相談の方が推薦入試の過去問やデータを見せてもらえたり、直接教授から学校の様子などを聞けるからです。私は、個別相談で話が盛り上がった教授が推薦入試の面接官だったので、入試の時「あぁ、君だったのか!」と歓迎?されて、とても面接を受けやすかったです。(ぴょこたん/北里大学) 特別相談することがなさそうでも個別面談ブースには行ってみるべき。一対一で教員(又は学生)と話ができるので、学校の雰囲気を知るいい材料になると思います。(やんきー/学習院女子大学)
赤本+過去問(CD付)を無料で配布してた!(あんどぅー/京都外国語大学) 他にもいろんなお得があるよ☆ 志望理由書に「オープンキャンパスに行きました。」とアピールできた。(フッキー/小樽商科大)
学食はほとんどのところで体験できて、お昼代が浮いた(悠/女子栄養大学) 小論文はどんな課題が出されるのか、面接でどんなことが聞かれるのか聞けた(みつはにー/國學院大學) 受験に対するアドバイスがもらえたりする。(みっちー/神戸市看護大学) オープンキャンパスで友達ができました。(圭/東筑紫短期大学)
学校見学会へ行こう
学校見学会を探してみよう!
校名、日程、イベント内容から調べることができるよ。
学校見学会を探す
予約ができる見学会

MixiCheck