トップページへ コーナートップへ戻る
親から離れ一人暮らしを反対された ー先輩に聞いた こうして成功!親説得術、大集合!ー

説得術1.親が国公立大学を望んでいたので地元以外の学校を志望し合格した。
一人暮らしをしたかったが、反対されるのは目に見えていた。でも、親にできるなら国公立大学へ進学してほしいと言われていたので、志望校選びの際にほかの県の県立大学を選んだ。実力から見ると、多少レベルが高く難しい大学だったけれど、がんばって合格できたことで一人暮らしも達成できた。(大学工学部在学)
説得術2.母親の食事作りを手伝って、自炊できることをアピールした。
自分でも怠惰な性格だと思っているので、心配されて反対されることはわかっていた。そこで、言い出す前から夕食づくりなど母親の手伝いを積極的に行うように……。そのうえで、一人暮らしでも自炊してきちんと学校へ通えることをアピールし、何とか納得してもらった。(大学法学部在学)
説得術3.見学会に同行してもらうことで親の不安が解消されたみたい。
技術を身につけることは賛成してくれたが、親元を離れて学ぶことについて否定的なことばかり言うので、一緒に見学会に参加してもらった。一人暮らしの在校生も多いけれど、出席率が非常に高いことなどを学校の先生から聞いて、「とてもきちんとした学校で、ここなら大丈夫」と思ったらしい。それからは応援してくれるようになった。(美容系専門学校在学)
ココをチェック → オープンキャンパス特集

ワンポイントアドバイス
実際、衣食住などの生活管理は思う以上に大変。学業や健康・安全面に悪影響があれば元も子もない。きちんと自己管理できるならいいが、学生寮に入るのも親を安心させる一方法。民間の学生会館など、食事つきの学生向け施設を利用する先輩も多い。
ココをチェック   → 進学費用参考データ    

学ぶ分野や将来の仕事 行きたい学校のこと 志望校の就職率や取れる資格 親から離れ一人暮らし 学費などお金の事情
ページの先頭へ