トップページへ 進路選びサポートページへ コーナートップへ
奨学金制度 新聞奨学会 学校の貸与制度
奨学金制度
日本学生支援機構奨学金 民間育英団体の奨学金
日本最大規模で、利用者も最も多い。
貸与制で、無利子の「第一種奨学金」と有利子の「第二種奨学金」がある。
「第二種奨学金」は、「第一種奨学金」に比べて学力基準や保護者の所得による制限がゆるやかで、募集人数も多い。
「第一種」「第二種」ともに貸与期間は在学する学校の標準修学年限まで。
その間は成績や生活状況の報告が学校から日本学生支援機構に提出され、成績不振があれば指導や、奨学金の交付停止・廃止もある。
企業や個人が設置する奨学金。
団体により応募基準や条件が異なる。
支給方法は貸与制と給付制があり、支給額も月に1万〜5 万円の貸与から、学費全額の給付までさまざま。
大学を通じて募集することが多い。
地方公共団体の奨学金 学校独自の奨学金
都道府県や市町村などが設けており、その地域に保護者が住んでいることが利用条件。
ほとんどが貸与制で卒業まで支給。
採用人数は少ないが、成績などの応募基準は、日本学生支援機構奨学金に比べてゆるやかなことが多い。
他の奨学金との併用ができないことがある。
ほとんどの私立大学・短期大学のほか、専門学校でも、この制度を設けているところが多い。
1つの学校の中に数10種類の奨学金制度が設けられていることもあり、条件や制度はさまざま。
全学生を対象に低金利の奨学金付き学費融資制度を始めた学校もある。
入試の成績によって学費を免除する学校も増えている。
※奨学金返済について・・・「貸与」で奨学金を借り終えた後は、必ず返還が必要です。
<参考>日本学生支援機構奨学金< 第二種奨学金>の概要
※ 10 万円を選択した場合に限り、私立大学の医・歯学部課程は4万円、薬・獣医学部課程は2万円、増額可能。
日本学生支援機構のホームページ ( http://www.jasso.go.jp/ 2007年11月現在)には、ほかに、第一種・第二種奨学金の概要や、返還例、手続き方法などの情報が掲載されているので見てみよう。
←学校の貸与制度へ 新聞奨学会へ→
コーナートップ 【1】進学費用参考データ 【2】進学費用バックアップ制度
【3】ひとり暮らしのやりくり実態調査 【4】進学費用のお悩みQ&A