現役東大生に教わる「勉強が得意になるコツ」

高校時代のあなたのノート、教科書別に見せてください!

東大生たちのノートの使い方には、今すぐマネしたくなる工夫がいっぱい!これをヒントに、自分のノートの使い方を見直してみよう。

国語

伏島 理愛さん

伏島 理愛さん暗記物が苦手だったので、こまめにノートを読み返していました。

ノートはあくまで、自分が思い出すためのメモ。読み返したときに、何がポイントなのかをわかりやすくまとめることに注意していました。ただ、何本もペンを使って色分けしたりするのは時間がもったいないので、キーワードになる言葉は赤、補足説明は青とシンプルにしていました。

英語

山室 良晃さん

山室 良晃さん知識や考え方など、ノートを使って情報整理していました。

1問1見開きで使用し、左ページには模範解答や、その解答を導くために必要な情報を記入。右ページには、その問題を解くときに、自分がどうやって考えていたのか、どこで間違ってしまったのかを詳細に書くようにしていました。このやり方をしてから、同じ間違いを繰り返さなくなりました。

数学

山室 良晃さん

山室 良晃さんていねいに書くことよりも、ひと目でポイントがわかることが大事です。

間違えた問題は、どこまで理解していて、どこでミスをしてしまったのかをノートに書き出すようにしました。そうすると、自分の弱点がよくわかるようになり、勉強時間も短縮。また書き出したミスや注意点は、ノートを読み返したときのチェックポイントとしても役立ちました。

世界史

馬場 諒さん

馬場 諒さんノートを使って復習するときは音読して、目と耳で覚えていました。

書くスペースが広いので、A4の大きめのノートを使っていました。高3の世界史の先生が、板書をしないで説明するタイプだったので、授業中は先生の解説を聞き逃さないように必死で要点をまとめていました。おかげで授業への集中力や理解力が上がったと思います。

科学

渡部 和玄さん

渡部 和玄さん自分でルールを作ってノートを取ると、復習するときにわかりやすいです。

板書はできるだけきれいに写すようにしていました。このとき板書の内容だけでなく、右端にそのとき先生が話した内容の感想や、自分なりに考えた語呂合わせなどをメモするようにしました。そうすると、「あの話をしていたときの公式だ」と思い出すきっかけが増えるからです。

まとめ ノートを使ってどう勉強するのかを考えて、まとめよう!
ノートの使い方はそのまま、その人の勉強方法を表している。また板書を写すときも必ず、考えるためのヒントを自分なりに考えて書き加えている。みんなも授業中にただ先生に言われたことを丸写しするのではなく、「いま解説したことはどういう意味なのかな?」などと考えながら、書き方を工夫していこう。

構成/平林朋子     取材・文/川崎美津子(スクリーバ)
撮影/西山輝彦     デザイン/クーシー

MixiCheck

進学マニュアル