Innovation Project for the Earth 「水」を革新することで、魚を増やせないだろうか。

image

こうてきかんきょうすいそれは、淡水魚と海水魚が共存できる水。「好適環境水」を利用し、普及を進めています。

私たちの食卓に並ぶ魚は、ほとんどが養殖によって確保されています。しかし、海水温の上昇など地球環境が変化し、生産量への悪影響も拡大しつつあります。そこで、千葉科学大学では、自然に左右されない養殖を実現するため「水」に着目。本学の母体となる加計学園が開発した魚を育てるための人工的な飼育水「好適環境水」を利用したフィッシュ・ファクトリー(魚類生産工場)のシステム開発を促進することにしました。最大の特徴は、浸透調整を可能にする機能をもつこと。つまり、淡水魚も海水魚も同じ水槽の中で飼育できるのです。養殖魚にさまざまなメリットをもたらすこの水で、私たちは次世代型水産技術イノベーションに取り組んでいきます。ご注目ください。

image

好適環境水を使った養殖業のメリット

  • 安心・安全
    人工に管理された環境の中で育成
  • 成長が早い
    早く出荷することが可能
  • 病気が発生しにくい
    淡水でも海水でもないためどちらの病気も発生しにくい
  • 場所を選ばない
    水源があればどこでも魚類の飼育が可能
  • 水をリサイクル
    ろ過方法の改善により飼育水の節水が可能

リクルートグループサイトへ