英文法マスタープロジェクト
教育学部 教育学科 中学校英語・小学校コース

グローバル化により英語の重要性がますます高まっています。平成23年度には小学校において英語活動が必修化されました。しかし、英語が苦手という子どもたちがたくさんいます。その理由のひとつが英文法の複雑さです。どのように難解な英文法を教えたらいいのか。このプロジェクトでは、分かりやすい英文法の指導法を考察していきます。学生たちは、英文法を学びながら知識の定着をはかると同時に毎回授業の感想を書き、英文法の学習における感想を共有します。それをもとに英文法を指導する模擬授業を行い、英文法の指導を実践的に学んでいきます。学習者の立場から英語指導を考えていくのが、このプロジェクトの特徴です。

英語教員をめざす学生が集い、お互いに切磋琢磨しながら、夢に向けて頑張っています。

放課後や空き時間にも集まって、模擬授業の準備や英文法指導についての研究を行っています。

PROJECTの軌跡

英語を学ぶ側から、教える側に

英文法の定着をはかるために、1年次に英文法セミナーを開始。学習者の立場から英文法を考察する。

英文法の指導を考え、模擬授業を実践。学生間で意見を交換し、より良い指導をめざす。

前年度に参加した学生が再度セミナーに参加。先輩が模範の模擬授業を行うなど、学年を超えた活動を展開している。

将来は、より実践的な活動へ。学内での模擬授業だけではなく、学校現場で実際に授業を行う機会も提供していきたい。

他学科メインプロジェクト