ヨガの実践をとおして医療社会学を学ぶ
  • <
  • 0074
  • >
ヨガで社会学プロジェクト

[人文社会学部 社会学科]

社会学科の「医療社会学」では、現代の医療にかかわる問題を自分の経験を通して発見することを試みます。ある日の授業では、4500年前よりインドの人たちの生活を支えてきた医療、アーユルベーダ(生命の科学)を学びました。アーユルベーダは、人間の心と身体は密接につながり、人間は自然界の森羅万象とのバランスのなかで至福に至ると考えます。その実践の一つとしてヨガを、専門家の指導の下で体験しました。現代社会には、病院や診療所で行われる「近代医療」、鍼灸院などの「伝統医療」、伝承に基づく「民間医療」など、多様な医療システムがあります。授業では、それぞれの特徴を学び、その基盤にある人間観と当該社会の関係性を探求します。

  • プロジェクトの様子1
  • プロジェクトの様子2