ホップ・ステップ・ジャンプで英語教員への夢を叶える
  • <
  • 0085
  • >
ホップ・ステップ・ジャンププロジェクト

[人文社会学部 国際キャリア学科]

中学や高校の英語教員になるには、教職関連科目を履修し(助走)、3年次に各地の教育委員会が主催する「教師塾」(地域によって名称は異なる)に合格(ホップ)、そして4年次に教育実習を行い(ステップ)、7月の採用試験で良い結果を出す(ジャンプ)ことになります。国際キャリア学科では、このホップ・ステップ・ジャンプのすべての段階で万全のサポートを行い、学生の夢を叶えています。

  • プロジェクトの様子1
  • プロジェクトの様子2