芝浦工業大学
芝浦工業大学
背景画像
技術Technology046
2018.09.27

社会を支えるロボット技術を

ロボット技術を社会で役立てよう

近年、ロボット技術が注目されています。当研究室では、企業との共同研究などを通し、ロボット技術を社会へ還元することを目指しています。例えば、インフラ構造物を点検する飛行ロボットや自律移動ロボット、無人化施工用建機の自律化などの研究開発を行っています。また、当研究室の学生は、"Man errs as long as he strives"を念頭に、失敗を恐れず研究開発に取り組んでいます。

  • つくばチャレンジ2016にてゴールの瞬間
工学部/電気工学科/マイクロメカトロニクス研究室
長谷川 忠大 教授
インフラ構造部やプラントの老朽化、災害現場など、人の作業をサポートするロボット技術のニーズが高まっています。そのため、これまでの研究室に籠って研究するのではなく、フィールドへ出て現場の方々と共同で研究開発し、社会で役立つロボット技術の開発に取り組んでいます。