ホーム
愛知淑徳大学 4コマでわかる学びのまとめサイト CLIPPINGS neo

2016/07/14

なぜ日本人は英語の発音が苦手なの?
英語の発音の落とし穴、教えます

海外はもちろん、日本国内でも、外国の人と出会う場面が増えてきました。そんな時、気軽に英語で会話ができたら楽しいですよね。今回は、ネイティブ・スピーカーに通じる発音方法に迫ってみましょう。

1

日本の英語学習者の多くが陥る
「間違い」や「思い込み」

英語は好きだけど、英語の発音は苦手という人、多いですよね。中学校と高校で合計6年間も学ぶのに、なぜ私達日本人は英語をうまく発音できないのでしょう? その裏には、 日本人英語学習者に広く共通する「間違い」や「思い込み」が隠れているのです。

2

/f/と/v/を発音するとわかる
あなたの長年の間違いとは?

では実際にやってみましょう。/f/と/v/を発音してみてください。恐らく学校では「上の前歯で下唇を噛む」と習ったのではないでしょうか? 実はそれが間違い。/f/と/v/は摩擦音なので、継続的に音が出なくてはいけません。でも、上の前歯で下唇を噛むと、息が途切れてしまい摩擦音になりません。

3

発音方法を少し変えるだけで
たちまち流ちょうな英語に変身

では、どうすればいいのでしょうか? 正解は、「下唇を上に持ち上げ、唇の裏面で前歯をカバーするように押し当てて発音する」です。少しの違いですが効果は歴然ですから、ぜひ一度試してみてください。さらにリズムとイントネーションの理論を学んで訓練すれば、発音力を格段にレベルアップさせることができますよ!

4

視覚的・体験的に発音を学び、
「使える英語」を身につけよう!

こんな風に、ネイティブ・スピーカーに通じる本物の発音力を養うには、微妙な発音の違いを理論的に身につけることがポイント。大学の英語発音トレーニングの授業では、歯型模型を使い、口の開き方や舌の動きを視覚的・体験的に学んでいます。外国の人と自由に会話を楽しみ、いろいろな価値観に触れたい。そんな人は、ぜひ発音の重要性にも目を向けてみましょう。

中郷先生

専門は英語学、英語発音指導、コーパス言語学。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学。文学修士。学生時代に英検1級、通訳案内業試験などに合格。TOEIC®テスト965点。グローバル・コミュニケーション学部教員。

グローバル・コミュニケーション学部はコチラ
ホームに戻る