変化を楽しむ人であれ 京都橘大学

総合心理学部 総合心理学科 2023年4月開設予定[設置計画中]計画内容は予定であり、変更することがあります 総合心理学部 総合心理学科 2023年4月開設予定[設置計画中]計画内容は予定であり、変更することがあります

こころから、社会の「?」を解き明かす こころから、社会の「?」を解き明かす

5つの領域紹介 5つの領域紹介

  • 心理学の確かな専門性、充実した5つの領域で磨く 心理学の確かな専門性、充実した5つの領域で磨く
  • 臨床心理学領域 心理的な問題を抱えている人の理解や回復を援助する 臨床心理学領域 心理的な問題を抱えている人の理解や回復を援助する

    子どもから青年・成人・高齢者までのこころの健康やこころの問題について学びます。心理臨床・教育・福祉などさまざまな分野で他者を援助するための力を養成します。

  • 社会・産業心理学領域 心理学の知識をもってビジネス社会で即戦力をめざす 社会・産業心理学領域 心理学の知識をもってビジネス社会で即戦力をめざす

    集団の中のこころの動きについて理解を深め、特に人事や組織、消費者行動、マーケティングなどのビジネスに直結した心理学を学んでいく領域です。また、職場のメンタルヘルスについても専門的な素養を育みます。

  • 発達・教育心理学領域 こころの働きを理解し子どものおだやかな育ちを支援する専門家に 発達・教育心理学領域 こころの働きを理解し子どものおだやかな育ちを支援する専門家に

    乳幼児から高齢者まで発達段階に応じたこころの働きを理解し、特に学校における児童・生徒のこころの問題への対処、ストレスマネジメントやソーシャルスキルなどの知識と技術を修得します。

  • 行動・脳科学領域 人のこころを科学的に解明するためにメカニズムを探究する 行動・脳科学領域 人のこころを科学的に解明するためにメカニズムを探究する

    人のこころの成り立ちを、科学的に解明します。人間の脳の動きを動物の脳と比較することによって理解し、知覚や認知、記憶といった心的活動が脳のどのようなメカニズムによって実現されているかを探究します。

  • 健康・福祉心理学領域 社会と人間を理解し福祉・医療など多様な業種で活躍できる力を 健康・福祉心理学領域 社会と人間を理解し福祉・医療など多様な業種で活躍できる力を

    現代人を取り巻く環境理解やさまざまな疾患理解とともに、心身の健康の維持や幸福、QOL(Quality Of Life)の向上に、心理・社会・身体的要因がどのような役割をもつかについて、医療および心理的側面から学びます。

領域ごとに社会の「?」を紹介

社会にたくさんの「?」があふれている 社会にたくさんの「?」があふれている

社会の「?」について教職員が解説

社会を変える心理学ってなんですか? 社会を変える心理学ってなんですか?

  • コンビニでなにげなく買った物。欲しかった、目についたなど個々のこころの動きはもちろん、たくさんの人のこころが作用し、ビジネスや暮らしなどにも影響を与えています。人の「こころ」がどのような役割を果たすのかを一つひとつ紐解いて、人も社会も未来も豊かにしていきませんか。
  • 困っている方々への心理的支援が必要 臨床心理学領域 詳細はコチラ
  • 人の心を考えビジネスの現場で生かす 社会・産業心理学領域 詳細はコチラ
  • 安心できる暮らしの環境づくり 発達・教育心理学領域 詳細はコチラ
  • 柔軟な考え方や多様な価値観で社会に貢献 行動・農科学領域 詳細はコチラ
  • 健康で幸福に満ちた生活を実現するために 健康・福祉心理学領域 詳細はコチラ

高校生の皆さんへメッセージ

総合心理学部の5つのSTEP 総合心理学部の5つのSTEP

  • STEP01 心理学研究・社会実践の基盤となる データサイエンスのスキルを全員に STEP01 心理学研究・社会実践の基盤となる データサイエンスのスキルを全員に

    論理的思考を基礎に、心理学の研究法や社会実践の基盤となる、データサイエンスの素養を全員が身につけます。心理的実証データに基づいて、社会の「?」を解き明かし、ビジネスや開発など新たな価値の創出や対人支援に取り組める人材をめざします。基礎から取り組むので、数学が苦手でも大丈夫!

  • STEP02 複雑なこころの仕組みにアプローチ 心理学の基礎的知識・技能を、総合的に学ぶ STEP02 複雑なこころの仕組みにアプローチ 心理学の基礎的知識・技能を、総合的に学ぶ

    データサイエンススキルとともに、心理学の基礎的知識や心理的アセスメント*、臨床心理や社会・産業心理、発達・教育心理などの各専門領域における導入的知識を総合的に学び、心理学を深めるうえでの基盤を身につけます。 *面接や検査を通して、個人が抱える問題を客観的に明らかにすること

  • STEP03 心理学の確かな専門性を 充実した5つの領域で専門性を磨く STEP03 心理学の確かな専門性を 充実した5つの領域で専門性を磨く

    総合心理学部には、幅広い5つの専門領域を配置。「臨床心理学」「社会・産業心理学」「発達・教育心理学」「行動・脳科学」「健康・福祉心理学」の5つの領域で専門性を深めます。

  • STEP04 心理学を基盤に1キャンパスだからこそ学べる環境 クロスオーバーな学びで、心理学Plus1の力を STEP04 心理学を基盤に1キャンパスだからこそ学べる環境 クロスオーバーな学びで、心理学Plus1の力を

    教育・マーケティング・プログラミングなど心理学と関係性の深い実践にいかせる他学部の専門科目を履修可能です。心理学の学びに他分野の知見をPlusすることで、新たな価値を生み出すための実践力や広い視野を養います。

  • STEP05 心理学を実社会でいかす PBLや社会連携などの実践的な学び STEP05 心理学を実社会でいかす PBLや社会連携などの実践的な学び

    4年間を通して配置されるゼミ科目、カウンセリングやマーケティング調査演習、インターンシップなどの実践科目を多数配置。また、経済・経営・工学部の学生と、それぞれの知識や技能を持ちより、企業等の課題に合同で取り組むPBL科目も配置。4年間を通じて、社会の「?」に実践的に取り組みます。

新しい学びのフィールド紹介

入試サイト

TOPへ戻る