恵泉の学生と教職員がこんなにも信頼し合えるのは、理由があります。私たちはまず「一人ひとりと向き合うこと」から始めます。

恵泉の学生と教職員がこんなにも信頼し合えるのは、理由があります。私たちはまず「一人ひとりと向き合うこと」から始めます。恵泉の学生と教職員がこんなにも信頼し合えるのは、理由があります。私たちはまず「一人ひとりと向き合うこと」から始めます。

小規模・少人数

小規模・少人数

少人数教育は恵泉の伝統です。1学年の定員は290名と都内の大学ではかなり少人数に設定しています。全授業科目の90%が履修者50名以下(うち60%は20名以下)。また、全員が1年次から4年次まで20名前後のゼミに所属。一人ひとりとしっかり向き合い「顔が見える」距離の近さで信頼関係が築かれていきます。

学年担任サポーター制度

学年担任サポーター制度

学生生活全般をサポートする制度です。定期的に学生と面談やアンケートを行い学生一人ひとりの現状を把握。学科・ゼミの教員とも連携し変化する学生生活の様々な悩みに対応します。4人も学年担任がいるので、それぞれの立場から、幅広いサポートを受けられます。

恵泉の「担任」って高校までとどう違う?

オフィスアワー

オフィスアワー

学生が教員に相談をしやすいよう、研究室に在室する時間をあらかじめ明らかにする「オフィスアワー」。気軽に立ち寄ったり、お茶しながらじっくり相談したり。先生たちの個性があふれる研究室は、学生たちにとっても居心地の良い空間です。

フィールドスタディ

フィールドスタディ

教室を飛び出して学ぶ「フィールドスタディ」。頭で理解した知識を、現場を訪れて自分の足と目、心を使って実際に体験します。世界で起きている深刻な問題や文化遺産を通じて見る歴史など、プログラムも行き先も様々です。仲間や教員と一緒に学び、多角的な視点を得るとともに絆も深まります。

教育農場

教育農場

恵泉には7,000m2の「教育農場」があります。1年次の必修授業「生活園芸I」では、学生2人1組で、割り当てられた畑で12種類の野菜と花を栽培していきます。土に触れ、いのちを育む経験ができるとともに、収穫した野菜でその感動を仲間や家族と分かち合います。

チャペルアワー(礼拝)

チャペルアワー(礼拝)

月~金曜日(木曜日を除く)の午前に行われ、信仰の有無に関わらず、だれでも自由に参加することができます。教職員、学生が語る聖書に基づいたメッセージに耳を傾けると心が静まります。聖書のことばを通して、自分らしく生きるヒントが見つかるはずです。

キャンパスアテンダント

キャンパスアテンダント

オープンキャンパスの案内役CA(キャンパスアテンダント)。大学の紹介をはじめ、高校生や保護者の方の疑問に答えたり、キャンパスツアーを行います。仲間や職員と協力し、イベントを作りあげる喜びはもちろん、来場者とのコミュニケーションは自分自身の成長にもつながります。

キャリア支援

キャリア支援

キャリアセンターでは、就活に関わるガイダンス、資格取得の支援など、さまざまな就職支援プログラムを用意。JCDAキャリアカウンセラーの資格を持つスタッフが、キャリア形成支援の専門家の知識と経験を活かした、実践的なアドバイスを行います。

ページトップへ戻る