木島 康平

アウモ株式会社
営業本部 営業部 マネージャー
文学部文学科/2018年3月卒

木島 康平

周囲の力を最大限引き出す、真のリーダーシップを学んだ。

私は2年次から、誰でも発揮できる”権限なきリーダーシップ”を開発する「グローバル・リーダーシップ・プログラム」という立教大学独自のプログラムに参加しました。参加当初はカリスマ性ばかり求めて、周囲を気にしない自己主張ばかりが目立ってしまい、同じチームのメンバーを置き去りしてしまうことも。そんな私に「木島さんひとりだけが理解してものごとを進めている状況では、ぼくらはチームとは言えないと思うんです」と、チームメンバーがフィードバックをくれました。この言葉をきっかけに「リーダーシップとは、カリスマ性だけではなく、周囲を活かすことも大切なんだ」と、気付くことができました。これは、私の価値観を大きく変えた印象深い出来事です。

木島 康平

全員により良い環境をつくるため一人ひとりへの働きかけを大切に

現在私は、旅行やグルメなどのお出かけ情報を発信するWebメディア「aumo」の広告営業のマネージャーとして働いています。営業はもちろんですが、プロジェクトマネージャーとしてチームをマネジメントすることも。弊社は、新人であってもやりたいことを伝えれば背中を押してくれる社風が魅力のひとつです。成長できる環境のなか、到達したい目標に向けてチームメンバーそれぞれの課題を明確に立て、チームの力がさらに引き出されるように、チームをまとめるリーダー、そしてマネージャーとしての立ち居振る舞いを日々心掛けています。チームや私自身の成長を実感できた出来事としては、入社1年目から営業成績でMVPを4度獲得できたこと。この経験を糧に、自身のリーダーシップをさらに磨いていきたいです。

木島 康平

周囲が求めているものを考えることが世界を変える力になる。

立教で学んだことは「リーダーシップとは、ゴールのために、現状必要とされている自分の役割を認識し、果たす能力」だということ。自分に何が求められているかを察知するには「大局観」や「質問力」など、さまざまなスキルが必要です。私はそれらを立教で培うことができました。その経験は、現在プロジェクトマネージャーとして働くなかで、本当に役立っています。今後の目標は、「ビジネスプロデューサー」になること。自分のビジョンである、”1つでも多くの社会問題が解決されて1人でも多くの人が救われる世界”の実現のために、ただ利益を出すだけの事業ではなく、その成果を”社会問題の解決”につなげたいと考えています。自分に求められている役割とは何か、社会が求めているニーズとは何か、それを絶えず考え続ける姿勢を、私は立教で身に付けることができました。