• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 幼稚園教諭
  • キャリアパス
幼稚園教諭のキャリアパス

幼稚園教諭のキャリアパス

幼稚園教諭になるには「幼稚園教諭免許状」が必要となります。区分けすると1種、2種、専修免許の3種類がありますが、それによって実際の現場での立場や給与面に影響するということは少ないようです。

教諭免許に違いはあるか

幼稚園教諭免許状は4年制大学で幼稚園教諭養成課程を受講し、所定の課程を修了して卒業すると1種免許状、短大や専門学校、養成学校の場合、2種免許、そして大学卒業後、大学院修士課程、または専攻科を修了すると専修免許状が習得できます。
教諭免許の種類は3つに分けられますが、一般的な幼稚園で働く限りどれが有利ということはないようです。資格に区分けがあると、給与とか、待遇とかに差があるように思いますが短大、あるいは専門学校卒業して20歳前後から働き始める場合と、大卒の22歳から働き始めるという年齢的なことを考慮すると、たいした差にはならないというのが一般的です。従って短大や専門学校卒業で現場に出るという人が少なくありません。

免許によって差がつかない職場でのキャリアステップはどうなるのか?

幼稚園教諭でキャリアステップするためには、厚生労働省指導に基づく、都道府県、市町村、幼稚園団体、大学などで実施される各種研修を受講するという制度が示されています。研修分野は次のものが挙げられます。
①教育・保育理論
②保育実践
③特別支援教育
④食育・アレルギー
⑤保健衛生・安全対策
⑥保護者の支援・子育て支援
⑦小学校との接続
⑧マネジメント
⑨制度や政策の動向

 定員160名の標準規模など、一定の条件を満たす幼稚園教諭で、教諭経験年数が3年以上などの要件が満たされれば、研修を受講することで若手リーダーとしての地位が得られ、7年以上のキャリアがあるなどの要件を満たせば中核リーダー、あるいは専門リーダーとしての地位が得られ、それぞれ給与に反映されるシステムと期待されています。
 
また、幼稚園教諭として園児の興味を引く手法を習得することもキャリアステップにつながります。例えば子どもの冒険心を高めるためにボーイ・ガールスカウトの指導者の資格、あるいはリトミック指導員の資格などを習得するのもいいでしょう。また、体育指導員、オルガンやピアノ、和太鼓などの楽器などが演奏できる、指導できるという技能習得も有利に働くようです。

全国のオススメの学校

関連する仕事のキャリアパスもチェックしよう

関連する記事

幼稚園教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路