• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 幼稚園教諭
  • 1日のスケジュール
幼稚園教諭の1日のスケジュール

幼稚園教諭の1日のスケジュール

幼稚園の教諭の仕事は、幼い子どもと遊戯をしたり、歌を歌ったりと楽しそうな光景が目に浮かぶでしょう。しかし、小さな子どもは、自分の気持ちをうまく伝えられませんので、常に、その表情とか、行動に気を配らなくてはならないほど、かなりの緊張を強いられる仕事であるといいます。そうした幼稚園の教諭の一日を紹介します。

登園してくる子どもの動作を見逃さない

8時30分始まりの幼稚園の場合、その1時間ほど前に出勤します。そこで、一日のスケジュールや、その日、お休みする子どものこと、身体の調子が悪い子などの情報をほかの教諭と共有します。
次に、バスで子どもを迎えに行く係の教諭と園に残る教諭と仕事を分担します。園に残った教諭は遊具やそのほかの施設に不具合がないかなどを入念にチェックします。
保護者につきそわれて登園するケースでは、保護者からの子どもに関するメッセージの有無を確認するとともに、子どもの様子をチェックします。もし、異変を感じたら保護者にそのことを確認します。子どもはいっぺんに登園しますから短時間ですべてをすまさなくてはなりませんから、朝のお出迎えは大忙しの時間になります。

子どもたちの一日は大忙し

子どもたちの一日は大忙し

午前中は季節にかかわるもの、夏であれば七夕、冬であればクリスマスツリーといったものを作ったりする工作の時間です。一人ひとりの子どもの性格をしっかり把握して、それぞれの子どもに合った指導をしなくてはいけません。
12時になると昼食です。教室を片付けて、手洗いをさせ、食事のマナーを守って、楽しく昼食がとれるように指導します。食べ終えて片付けを終えると、子どもたちは園庭に飛び出していくので、ここも教諭が分担して子どもたちの見守りをします。
午後は主に身体を動かして過ごします。かけっこの練習や縄跳び、遊戯、ダンスなどの練習をします。ここでもすぐできる子とできない子がいるので、一人ひとりの能力や体力に合せて指導します。
14時には園児は帰りの支度を始めます。保護者が迎えに来る子と、バスで帰る子を分けて、それぞれ待機させます。教諭もバスで送る組、保護者の迎えに対応する組で分かれます。
園児が帰り、バス組の教諭が戻ると全体打ち合わせをします。クラスの状況、行事に向けての問題点などを打ち合わせし、そのほかの事務作業などをします。そして、16時になったら教室の整理整頓、戸締りを確認して一日の仕事が終ります。

全国のオススメの学校

関連する仕事のタイムスケジュールもチェックしよう

関連する記事

幼稚園教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路