• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 幼稚園教諭
  • 今から役立つ経験を教えて
幼稚園教諭になるために今から役立つ経験

幼稚園教諭になるために今から役立つ経験

幼稚園教諭に必要な知識は専門学校や大学で学べます。授業の中には幼稚園や保育園に出向いての実習もあるので、先輩教諭から現場ではどんな知識と技術が必要なのか、また、実際の園児を見て、どんな準備をすればいいのを垣間見ることができます。やはり、生身の人間を相手にする仕事ですから心がけや気持ちのもちようを同時に学ぶ必要があるでしょう。

音楽や体育技能が必要

ピアノ奏力は必須ではありませんが幼稚園に通ったことのある人ならおわかりのとおり、教諭はピアノ、あるいはオルガンが弾けて当たり前というのがあります。ピアノ経験2年から4年といわれているバイエル程度は弾けるようにしておくと心強いです。最近はピアノのほか笛やハーモニカ、木琴、ピアニカ、オカリナなどを練習する幼稚園も少なくありません。また、和楽器を練習させる幼稚園も増えていることから笛や和太鼓についても勉強しておくと歓迎されそうです。また、踊りや運動も指導することになりますから、そういった技術的な準備も怠れません。

英語などの語学も求められている

全国的に外国人の園児が増えてきています。従って外国語ができると採用試験などで有利になることがあります。外国語といっても中国語、韓国語、ブラジル人の話すポルトガル語など多岐にわたりますが、基本は世界共通語といわれている英語を身につけ、ほかの言語はあいさつや数字など、簡単な単語などを知っておくレベルでいいでしょう。

相手は園児だけではない

教諭の相手は園児だけではありません。保護者から園児の健康面についての情報をしっかりと受け止めなければなりませんし、園児に変わったことがあれば、保護者にそのことを正確に伝えなければならないなど、保護者とのコミュニケーションもとても重要な仕事となります。学生時代から意識して年上の人と付き合うようにしておきましょう。部活動などで先輩と交わるのもいいでしょう。また、両親や祖父母、親戚、隣近所、あるいはアルバイトなどを経験するのも年上苦手意識解消になりそうです。

全国のオススメの学校

関連する仕事の役立つ経験もチェックしよう

関連する記事

幼稚園教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路