キャリアガイダンスVol.405
14/64

 ALを始めてみたものの、なかなかうまくいかないと行き詰まる大きな原因の一つに、生徒へのかかわり方がある。グループワーク中に教師としてどのようなスタンスでいればいいのか戸惑う先生が少なくないのだ。「生徒とのかかわり方で行き詰まるのは、放任型と干渉型の2つに大きく分かれると思います」と小林先生(図1)。「放任型の場合、生徒に任せると決めるのはいいのですが、生徒がうまくいかないのを見ていても手の出しようがなくて黙って見ている。そう 小林先生自身、生徒とのかかわり方に試行錯誤したという。そんな時、ビジネス会議を効果的に進めるためなどに活用されるアクションラーニングに出合う(コラム参照)。アクションラーニングでは、コーチ役の人が、チームやメンバーに話し合いの状態を問う質問をし、そこでメンバーの振り返りを促し、会議を深めていく。小林先生は、そのコーチのかかわり方が、ALにおける教師のかかわり方にぴったりだと感じたという。「ALのグループワークで教師が果たすべき役割は、いかに生徒の対話を引すると、騒いだり、寝たり。それでもずっと黙っているのですが、結局ストレスがたまってどこかで叱ってしまう。〝お前ら、いったい何をやっているんだ。それでいいのか〞と、お説教してしまうんです。そうすると、生徒たちはその後、先生の顔色をうかがいながらやるようになり生徒の能動性が損なわれてしまうんです」一方、干渉型はもっと問題があると小林先生は指摘する。「干渉型の先生は、じっと黙っていられず、教えたり、雑談に誘ってしまったり。そうすると、生徒の独立性が確保できず、生徒同士のチームビルディングができなくなってしまうんです。生徒の依存性を高めて、次から次へと先生に質問しはじめ、先生は忙しくなってしまう。これは、生徒にダブルバインドき出すかです。その点、メンバーの様子を〝質問〞だけで支え、メンバーの振り返りや気づきを促し、議論や対話を深めるというアクションラーニングの手法は、まさにぴったり。授業に生かすことができると感じました」 ここでいう「質問」とは、話し合われている内容(コンテンツ)に関しての質問ではなく、チームで協力できているか、自由に発言できているかなどの、それぞれの状況(プロセス)に関しての質問。それによって、一人ひとりが自分のあり方を振り返り、話し合いへの前向きな行動につなげていくのだ。取材・文/清水由佳AL授業が行き詰まる〝放任型〞と〝干渉型〞「質問」によって振り返り、行動を促すのメッセージを伝えているといえるでしょう。自分たちでやりなさいと言いながら、それを妨害するというような。結局、生徒は自発的に動けなくなり、何だか思ったような効果が出ないと行き詰まるのです」授業をAL型にしようとした時、多くの先生が戸惑う授業での立ち位置、小林昭文先生が実践を通じて体得した、かかわり方のポイントをご紹介します生徒のグループワークに教師はどうかかわるか?SPECIAL放任型干渉型グループワークの時、先生のスタンスは?生徒たちの会話に混じる生徒たちに任せると決める結果的に介入して先生の顔色をうかがってしまう生徒同士のチームビルディングができないAL授業の行き詰まり図1:ALでありがちな行き詰まるパターン162014 DEC. Vol.405

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です