キャリアガイダンスVol.405
15/64

「質問」といっても、具体的にどのような質問をしていけばいいのか。小林先生の経験から、4つのポイントが見えてきた。 質問は、先生が聞きたいことを闇雲に聞くのではもちろんない。グループワークが当初の目的どおりに進められているか、確認するための質問であることが大前提となる。「そのため、そもそものグループワークの目標とルールを明確化しておく必要があります」 例えば、小林先生の物理の授業の場合、授業そのものの目標は「科学者になる」というもの。もちろん全員が本当に科学者になるわけではなく、「科学的なものの見方や考え方ができるようになることを目指す」意味での目標設定。そのためには、教えあったり、質問しあったりすることが大事。だから、授業態度としてのルールは、「しゃべる、質問する、説明する、動く(立ち歩く)、チームで協力する、チームに貢献する」と明確化している。「質問」でかかわっていくための4つのポイントそして、毎回の確認テストは、「全員で100点取ろう!」を合言葉にしている。「グループワーク中に私が質問することは、『チームで協力できていますか?』『自由に発言できていますか?』『全員で100点が取れますか?』など、目標やルールにのっとったものだけ。とてもシンプルです」 このような質問を通じて、教師は、グループワーク中のチームや生徒一人ひとりの状態にかかわっていることになる。そのため前述のように、「どういう話し合いの内容になっているか」というコンテンツに介入していくのではなく、「どのような状況で話し合いが行われているか」などのプロセスに注目し、そこにかかわっていくことが大切になる。「その際、批判や評価はしません。対話を引き出すためには、まず安心・安全な場であることが大事なので。安心・安全な雰囲気を維持する責任が、教員にはあります」 日頃、指導することに慣れていると、つい「もっと話をしなさい」や「チームでちゃんと話をしなきゃダメだ」といったかかわり方をしがち。しかし、それでは、生徒は「やらされている」感から抜け出ることができないのだ。そうではなく、「話ができていますか?」「チームで協力できていますか?」といった質問によって、生徒が自分の行動を振り返り、気づき、自分で考え、行動していくことにつなげたい。 どのようなタイミングで生徒たちに言葉をかけていけばいいのか。それも、多くの先生の戸惑いのもとになっている。「普段私は、生徒の状況に関係なく、3つくらいの定例介入を基本にしています」と、小林先生。定例介入の定番としては、途中で1回「チームで協力できていますか?」、時間を区切って「あと10分ですが、順調ですか?」「あと5分ですが、全員で100点取れそうですか?」を、チームごとに順番に質問していくという。それも、生徒の話し合いが盛り上がっていてもお構いなく声をかけるとか。「会話がうまく弾んでいるかタイミンポイント 1目標とルールを明確化するポイント 2プロセスに注目するポイント 3定例介入と定例外介入アクションラーニングとは?アクションラーニングとは、現実の問題にグループで対処するチーム学習法。課題解決に向けて、解決策の立案・行動を、グループの力を生かしながら実行する。その過程において、リフレクション(振り返り)を重視し、個人の中でも、チームの中でも、リフレクション↓気づき↓行動↓リフレクションの繰り返しを回すことで、課題解決に向かう。多くの企業・組織などで導入されている。NPO法人日本アクションラーニング協会では、コーチ養成を行っている。http://www.jial.or.jp/■アクションラーニング(マーコードモデル)6つの構成要素 Problem・Group・Questions・Coach・Action・LearningグループGroupALコーチCoach質問Questions学習Learning行動Action経験問題設定気づき組織(現場)の問題Problem●いい質問ができているか、コミュニケーションが円滑かなど、場(セッション)を振り返ること●本質的な問題を深堀りし、主体的な行動を導くために、メンバーからの質問によって、今までの経験や考え方を振り返ることⒸNPO法人日本アクションラーニング協会振り返り(リフレクション®)1章アクティブラーニング最前線見えてきた課題とその解決策172014 DEC. Vol.405

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です