キャリアガイダンスVol.405
36/64

思っていることがある。生徒が身のまわりのことでなんだか気になっていて解決したいことがある。そうした「学び手の求め」から始まるのが探究です。仮に、先生が一方的に学習テーマをあてがうなら、生徒にとって学びの動機付けは外発的なものとなり、安っぽくなります。そこから課題解決型の学習にしても、グループワークやふり返りを取り入れても、生徒にとって本当の意味での能動的・主体的学習にはなりにくいでしょう。 ですので、難しくはありますが、先生方にとっては「どれだけ学び手の立場に立てるか」が重要になります。衣食住をはじめとする暮らしのことから、時事的な話題まで、生徒たちの興味関心をキャッチし、学び手の求めがあるような学習テーマを、教科の授業にうまく組み込んでいく。そのときに生徒たちは、「自分が知りたい」「自分が解決したい」という内発的な動機から、より能動的・主体的に学習していきます。 入試や内申のためだけに勉強するのではなく、生徒自身が目の前のことを探究したくて学習する。その中で社会とかかわる手ごたえをつかみ、自らの手で未来の社会を創造したくなって、社会の課題を自分たちで解決していこうと、さらに探究して学んでいく。それは「社会的・職業的に自立し、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現する」というキャリア教育の方向性と一致しますし、アクティブラーニング――日本語で訳せば「能動的な学習」が、目指すところでもあると思うのです。 なお、誤解しないでいただきたいのですが、私は、授業全部を学び手の求めから始める探究学習にすべきだ、と言いたいわけではありません。 生徒が自分の関心ごとを追究するなかで獲得する知識や技能には、偏りが出てきます。それとは別に、一定の知識や教養を身につけることも社会で暮らしていくには必要。先生方がそうした知識を生徒にきちんと教授していくことは、今後も否定されることではないと思うのです。 問題は、現状では生徒が受け身すぎることです。ですから、教科の授業生徒主体の探究学習と教師による教授を調和させての進め方を見直し、また、教科横断の探究ができる総合的な学習の時間も活用し、生徒の能動的な学習の機会を増やすことはやはり大切。そのうえで、生徒主体の探究的な学習と、教師によるプロフェッショナルな教授を、有機的に結びつけてバランスを取っていきたいところです。 この点に関して注目したいデータもあります。 平成25年と26年の小・中学校の調査結果ですが、「総合的な学習の時間で探究学習に力を入れてきた学校」のほうが、児童・生徒の学力調査における各教科の問題正答率が高い、という相関が見られたのです(文部科学省・国立教育政策研究所「全国学力・学習状況調査 報告書」)。知識の「習得」をみる問題でも、知識の「活用」をみる問題でも、正答率が高くなっていました。 相関であり、因果関係まで証明されたわけではありませんが、探究的な学習によって、学ぶことのおもしろさや、知識の習得や活用が社会の中で役立つことを実感すると、生徒は教科学習を含めて、学習全般により前向きに取り組むようになる、と考えられるのです。 生徒が自身の疑問や課題を探究し、その中で知識の習得や活用の大切さを知り、教師の教えも貪欲に吸収していく。そうした空気が醸成されれば、学校というのは、生徒にとっても、教師にとっても、今まで以上にすばらしい場所になるはずです。382014 DEC. Vol.405

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です