キャリアガイダンスVol.406
30/64

先進校の取り組む「組織」「評価」「授業」データからも浮かび上がったこれからのキャリア教育推進の課題に、先進校はどう取り組んでいるのか。「組織」「評価」「授業」のそれぞれに取り組む学校からヒントを探りました。 深沢高校は、2007年、文部科学省から「高等学校におけるキャリア教育の在り方に関する調査研究推進校」の指定を受け、翌年度から本格的にキャリア教育を導入した。  その特色は、授業、生活指導、進路指導、特別活動、さらに部活動も含む、学校生活全体を包括した取り組みであること。生徒が段階を踏んで社会性や自主性、キャリア意識を育んでいけるよう、進路指導部が3年間を見通したキャリア教育計画を作成し、これに基づいて、日々の授業、ホームルーム、学校行事、進路指導などが展開される。学年ごとの目標はもちろん、2〜3カ月単位で「基本的な生活規律の確立」「クラスや学校の一員としての意識」「『働く』ことの意義」といった短期のテーマも定められており、教員全員が長期・中期・短期の目標を共有して教育・指導を行っている。 このような学校全体でのキャリア教育に取り組むに至った背景について、進路指導部主任の沢田彰先生は次のように振り返る。「指定を受けた当時の本校は非常に荒れており、生徒が授業を受ける態勢すらできていない状況でした。そこで、当時の校長の号令のもと、まず、社会に触れることで、学校の勉強や継続してものごとに取り組むことの大切さを知ってもらおうと、1年次に全員参加のインターンシップを導入したんです。企業に生徒を送り出すために生活指導にも力を入れました。また、気づきの機会があっても単発で終わっては意味がありません。2011年度からは生徒が多くの時間を過ごす授業の中にもキャリア教育の要素を入れていこうと、教科・科目の教育内容の改革も進めました」 特別活動としては、インターンシップのほか、認定NPO法人カタリバの協力を得て、大学生などと「なりたい自分像」や「将来の夢」について語り合う「カタリバ」を各学年で1回ずつ開催。また、学校行事や部活動は基本的に生徒中心で運営。自分で考え、意見を言い、行動する機会が豊富に設けられている。 一連の改革が実を結び、生徒の生活態度や進路への意識は大きく変化した。大学進学者数や進路決定率は右肩上がりで上昇(2013年度卒業生の進路決定率は87・6%)。一方で中退率は大きく低下した。2012年にはキャリア教育優良学校として文部科学省の表彰も受けている。 このようなかたちでキャリア教育を実行するには、組織的なアプローチや協力体制が不可欠。では、同校ではどのようにして教員間の意識の共有と団結を図っているのだろう。沢田先生にポイントを挙げてもらった。① インターンシップでは  教員全員が巡回を担当 インターンシップは1年次の行事だが、3日間の期間中2日間は2、3年生も午前授業とし、企業への巡回は生徒の意識は年々変化し進路決定率なども上昇3年間を見通したキャリア教育計画を作成授業・行事・部活…学校全体で組織的に取り組むキャリア教育取材・文/伊藤敬太郎東京・都立深沢高校1963年創立/普通科/生徒数597人(男子280人・女子317人)/進路状況(2013年度実績)大学37.8%・短大6.5%・専門学校35.1%・就職7.0%・その他13.5%School Data322015 FEB. Vol.406

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です