キャリアガイダンスVol.406
36/64

||先ほどの10年間のふり返りを踏まえ、これからのキャリア教育はどうあるべきだとお考えですか?児美川▼キャリア教育本来の姿が主流になっていくことが理想です。すなわち、前半の対談の裏返しですが、「ワークキャリア」だけではなく「ライフキャリア」についても手当てを厚くし、「自分軸」だけではなく「社会軸」についても関心をもたせ、さらに、「学び」の領域も取り込みながら、学校全体で、将来必要となる力を育むことです。キャリア教育として取り立てて指導していたものを、日常のカリキュラムに埋め戻していけば、生徒の力も自然とつくし、先生方の負担感も少なくなるはずです。藤田▼ライフキャリアに関して言えば、子どもたちは将来、職業人単体として生きるわけではありません。一市民であり、恋をする男女であり、家族の一員にもなるわけです。総体としての大人になるステップがあるわけで、その部分に対する指導や支援がより必要になってくるでしょう。児美川▼やり方は学校によって違ってきますよね。特に高校は、学校のタイプや生徒の実態が大きく異なります。中学校と比較して、もっと個性的なキャリア教育があって然るべきです。生徒の多様性を考えたら、日本中で同じキャリア教育を目指すほうが不自然ですよね。藤田▼何も完璧なキャリア教育である必要はありません。準備万端整わなければ始められないなんてこともありません。それよりも手持ちのリソースでできることから始めましょう。取材・文/堀水潤一 撮影/平山諭それによって生徒の成長を実感したら次へ進む。そんな形でいいと思います。「大変だ」と言う先生の話をよく聞くとインターンシップについての話である場合が非常に多いんです。それがいつの間にかキャリア教育すべてが大変だという話に変化して伝わる。実体のない「大変お化け」に振り回されているとすれば、もったいない話ですよ。児美川▼先生方は、例えるなら重武装の鎧を着ているようなもの。鎧を脱げばもっとしなやかに身動きがとれるはずです。自分なりのやり方でほんの少し前に進むだけでも十分ではないでしょうか。||毎年やるべき取り組みは増える一方、やめる取り組みは少なく、それが負担増の原因になっているという見方もあります。藤田▼やること自体が目的化していると、そういう状況に陥りやすくなります。「こういう力をつけたいね」というゴールが明確になっていれば、新しいものを取り入れる際、「それはいいね。今までの代わりになるね」という議論が起こるはずです。児美川▼中学校の先生方と話していると、慣れを感じるときがあります。「ひととおり型は作った。それを毎年繰り返していけばいい」という雰囲気があるような。藤田▼定型化と前年踏襲は大きな課題です。前年踏襲が続くと、何のためにやっているのかという目的を見失い、形骸化していきます。全体計画や年間指導計画を策定している高校は増えていますが、常に目的に立ち返り、PDCAサイクルを回していく必要があるでしょう。児美川▼管理職にリーダーシップがあり、学校全体で取り組む姿勢がある学校ほど成果は出ていますね。ライフキャリアについても手厚い指導・支援を「ライフキャリア」「社会軸」に厚みをキャリア教育を牽引してきたお二人が考える、これからのキャリア教育のあるべき姿はどのようなものでしょうか? P8〜11の対談に引き続き、高校現場へのメッセージをいただきました。「大変お化け」に振り回されないで382015 FEB. Vol.406

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です