キャリアガイダンスVol.406
7/64

す。教科を教えていても、「数学の時間なのだから数学を教える」ではなく、生徒がいずれ社会に出ていくことを踏まえたうえで「これって将来にどうつながるの」という意識をもって指導する先生が増えたのではないでしょうか。自分が教えていることの社会的な意味を考えざるを得なくなったといってもいいでしょう。藤田▼それは、キャリア教育を実施する時間として「教科の時間」が年々伸びているという調査結果(図表1)にも反映されていますね。これは先生方にとって納得しやすいのではないでしょうか。というのも、児美川先生が指摘しているように、今までは受験圧力を利用して脅すように勉強させてきた面がないとはいえません。その手法が行き詰っていることはみんなが実感しているわけで、授業へのモチベーションをあげるためにもキャリア教育は効果を発揮すると考えています。児美川▼「教科におけるキャリア教育の推進」や「キャリア教育と学習意欲の向上」については、藤田先生がいらした国立教育政策研究所でも繰り返し強調されてきましたからね。藤田▼今の学習指導要領で、キャリア教育に何を期待しているかといえば学習意欲の向上です。やらされ感いっぱいで、自ら学ばない子がたくさんいるなかで、将来とのつながりを提示することはもっともわかりやすい動機づけの方法です。実際、キャリア教育に力を入れている学校は、受験指導的な側面から見ても進学実績はあがっているんです。||ただ、児美川先生は大学にいらして「本当に生徒の主体性が育ったのか?」という疑問を呈しています。児美川▼将来を見据えた教育という意識がせっかく広まりつつあるのに、大学受験というフィルターによって中断してしまうところがあります。もちろん、積極的に外に飛び出し、NPOなどと連携したり、起業したりするような学生はいます。いっぽうで依存的な学生が増えているのも事実。二極化というか、特に進学校出身の学生がポカンと浮いているような気がしてなりません。藤田▼問題はそこです。キャリア教育普及当初、「勤労観・職業観を育てる教育」という側面が強調されたものですから、普通科それも進学校の先生方に、自分たちは関係ないと思い込まれてしまったことが残念です。児美川▼進学校の生徒こそ、きちんと受けてもらいたいんですけれどね。||今、お話しされたように、お二人とも、キャリア教育が、「勤労観・職業観を育てる教育」として始まったところにボタンのかけ違いが生じたと指摘しています。藤田▼90年代の末のニート・フリーター問題は深刻であり、若年者雇用対策として勤労観・職業観を育てる教育は必要でした。ただそれは本来のキャリア教育の一側面でしかありません。そのため、以前から「在り方生き方」を考えて指導してきた先生方の一部に違和感や拒否感をもたれてしまいました。「なんだ、結局キャリア教育って勤労観・職業観に矮小化していくのか」と。こうした文脈では、教科はもちろん、部活動や学校行事を通した全校的な指導という発想はもちにくかったと思います。児美川▼確かに、キャリア教育で狙いとする力をどの分野でつけるかというとき、最初の頃は「学び」を通じて、という部分が抜け落ちていました。学校での学びに主体的に取り組むことも立派なキャリア発達の課題です。本来は「ワーク」があり「ライフ」があり、その基盤として「学び」があります。キャリア教育はそのすべてにかかわるはずなのに、「ワークキャリア」にばかり焦点があたり、「ライフキャリア」の手当ても薄ければ、学びを通してという感覚も薄かったのではないでしょうか。藤田▼そのとおりで、ようやくそうした誤解が解けつつあることは大きいとそれはニート・フリーター対策から始まった図表 1 「貴校では、キャリア教育をどの時間で実施していますか?」 上記質問に対して、キャリア教育実施校が選択した上位項目の経年変化。(詳しくはP14)10080604020(%) 0■ 2008年全体 ■ 2010年全体■ 2012年全体 ■ 2014年全体総合的な学習の時間ロングホームルーム普段の学校生活全般の中で教科の時間長期休暇(春・夏・冬休みなど)の課題として修学旅行や遠足文化祭や体育祭などの学校行事リクルート進学総研「高校進路指導・キャリア教育に関する調査 2014」よりキャリア教育の10年を検証する対談 この10年をふり返る92015 FEB. Vol.406

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です