キャリアガイダンスVol.406
9/64

の教育を手厚くするべきだと主張されています。児美川▼正社員モデルが崩壊した今、現実には多くの卒業生は非正規で雇用されることになります。そうした前提に立つとき、例えば労働者の権利や労働法などについての情報提供は、理不尽な処遇にも対応していくための武器となるはずです。藤田▼景気の影響を受け、法令に違反するような人員調整をする企業は少なくありません。守る術や相談すべき相手を提示してあげないと、いざというとき泣き寝入りするしかなくなります。すべてを教員が請負うのは難しいため、労働基準監督署やハローワークなどとも連携し、リアルな情報を伝えてほしいと思います。児美川▼今は学校も非正規雇用の多い職場です。すぐ目の前にある現実なんですよね。ショートホームルームで担任が「こんなことあるよね」と話すだけでもいい。そういうことの積み重ねが効いてくると思います。藤田▼国立教育政策研究所の調査(図表2)でも、多くの生徒が将来のリスクに対する備えを在学中に欲していることがわかっています。先生方が考えている以上に、彼らは未来に不安を抱えています。その不安に寄り添わないといけません。||ここ10年でキャリア教育は大きく変化しましたが、今後はどのように発展していくでしょうか?児美川▼確かに、キャリア教育のイメージは変わりました。2011年の中教審答申でも、「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」と定義し直しています。藤田▼「勤労観・職業観」だけではない、人間のキャリア発達全体を支援するという、キャリア教育の全体像が見えてきました。「だったら受け入れられる」というところまで先生方が歩み寄ってきてくださったというのが今の状況という気がします。児美川▼試行錯誤がありましたが、きちんと点検し、次のステージでよりよい道に進もうという段階でしょうか。言うなればこれからがセカンドステージですね。キャリア教育に期待している先生方が増えてきていることが心強いです。藤田▼何より、学習意欲にしろ生活態度にしろ、生徒の変化が実感されつつあります。キャリア教育に腰が引けていた先生も、「この子たち変わってきたね」という実感をもつことで意識を転換したケースは少なくありません。学校の変化によって生徒が変わるのと同様、生徒の変容によって学校が変わるという相乗効果が期待できる時期に来たと感じています。(P38のメッセージもあわせてご覧ください)図表 2 「自分の将来の生き方や進路について考えるため、ホームルーム活動の時間などで、これまでにどのようなことを指導してほしかったですか?」 上記質問に対し、高校生が選択した割合が高かった上位10項目を抜粋。選択項目割合1自分の個性や適性(向き・不向き)を考える学習29.9%2社会人・職業人としての常識やマナー26.5%3就職後の離職・失業など、将来起こり得る人生上の諸リスクへの対応23.1%4卒業後の進路(進学や就職)選択の考え方や方法19.7%5上級学校(大学、短期大学、専門学校等)の教育内容や特色18.2%6近年の若者の雇用・就職・就業の動向17.1%7学ぶことや働くことの意義や目的16.7%8産業や職業の種類や内容15.7%9転職希望者や再就職希望者などへの就職支援の仕組15.0%10将来の職業選択や役割などの生き方や人生設計14.7%国立教育政策研究所「キャリア教育・進路指導に関する総合的実態調査」よりこれからがセカンドステージキャリア教育の10年を検証する対談 この10年をふり返る112015 FEB. Vol.406

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です