キャリアガイダンス vol.407 別冊
6/7

6Vol.407 別冊付録同開発なども増えていますからね」 ただし、村上学長はそこで求められるものは“流暢な英語”ではないと指摘する。理系のコミュニケーションにおいて最も大切なのは、わかりやすく正確に相手に伝える力。そこで必要なのは、データに基づいて語ることと論理的思考だという。つまり、これまでの理工系教育の本質をしっかりと極めることがまず重要になるのだ。それに加えて、世界の人々の多様性に対応する柔軟性を養うことが求められるようになる。学生の気づきと成長を促す海外インターンシップ「そのためには、大学で基礎をしっかりと学ぶとともに、とにかく一度海外に行ってみることです。本学はSGU事業採択校としてその機会も豊富に提供します」 なかでも海外の提携大学の学生と協力して与えられた課題に取り組む「グローバルPBL」(コラム参照)や、アジア各国の提携企業での「海外インターンシップ」は注目されるプログラムだ。 今年3月まで芝浦工業大学キャリアサポートセンター長を務めていた矢作裕司教授は海外インターンシップについて次のように解説する。 「インターンシップ先は中国、台湾、フィリピン、ベトナム、タイなどアジアが中心です。参加学年はバラバラですが学部の3年、4年、修士1年が多いです。期間は1~2週間です。日系企業が多いですが、現場はほぼ現地の人たち。そんななかで、周囲とコミュニケーションをとりながら仕事に向かう経験は、短期とはいえ、その後の大きな糧になります。英語が苦手な学生ほど、意思の疎通ができたときの感動は大きいようです」 このような異文化体験は、学生のコミュニケーション能力だけでなく、学修意欲を奮い立たせるきっかけにもなると村上学長、矢作教授は口をそろえる。 さて、芝浦工業大学のグローバル人材育成において、重要な柱となるのが、学生の自主性や実践性を重視したPBL、アクティブラーニングだ。4年次の卒業研究は最大のアクティブラーニング 「理工系は、実験も多く、もともと教育にアクティブラーニングの要素はあったんです。ただし、これまでは個々の教員にまかせていた面があったので、これを体系化し、4年間の流れに合わせて設計しました」(村上学長) 1年次には、アクティブラーニングを通して「気づき」を促し、2年次には「何が大切か」を自主的に学ばせ、3年次からはゼミナールを通してチームで実習や課題解決に取り組み、4年次はその集大成として卒業研究に臨む──このようなステップを踏んで、未知の課題が山積するグローバル環境で問題を自ら発見し、解決できる力を養っていく。 「卒業研究こそ実は最大のPBLであり、アクティブラーニングなんです。ただし、今図1  芝浦工業大学の人材育成モデル図2  国際化の達成目標(一部抜粋)工学部機械工学科 矢作裕司教授多様性教員に占める外国人等の割合全学生に占める外国人留学生の割合日本人学生に占める留学経験者の割合流動性(%)(%)(%)学部大学院世界の発展に貢献する芝浦工業大学■ 科学技術発展途上国を中心とした国と国との関係強化■ 日本政府プロジェクトへの積極的な参画■ 日本の先進技術、教育方法の伝播■ 留学生の就職支援、教員・研究者としての採用教育・研究・開発コンソーシアム教育・研究・開発コンソーシアムGTIGTIGlobal Technology InitiativeGlobal Technology Initiative社会貢献研究教育世界水準の大学制度世界水準の大学制度SGU of Science&TechnologySGU of Science&Technology▶▶ 世界に開放された柔軟な大学制度 世界に開放された柔軟な大学制度▶▶ DD(ダブル・ディグリー)、 DD(ダブル・ディグリー)、 JD(ジョイント・ディグリー) JD(ジョイント・ディグリー)▶▶ ダイバーシティの強化 ダイバーシティの強化▶▶ ガバナンス改革 ガバナンス改革▶▶ 中長期計画 中長期計画 (Toward Centenial SIT)の推進 (Toward Centenial SIT)の推進学修・教育双方の質を保証する学修・教育双方の質を保証する価値共創型教育価値共創型教育●●日本のものづくり文化 日本のものづくり文化 ●●Leadership/Followership Leadership/Followership ●●卒業研究・「同じ釜の飯を食う」 卒業研究・「同じ釜の飯を食う」 ●●技術倫理技術倫理●●日本企業でのインターンシップ 日本企業でのインターンシップ ●●日本型ICT情報伝達 日本型ICT情報伝達 日本のものづくり文化を活かす日本のものづくり文化を活かす実践型技術教育実践型技術教育三位一体三位一体推進戦略推進戦略教育の質教育の質保証保証価値共創価値共創APPACDDC共創型教育共創型教育学修の質学修の質保証保証GTIGTI日本の大学日本の大学(理工系中心)(理工系中心)日系企業など日系企業など海外の大学海外の大学

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です