キャリアガイダンス vol.407 別冊
7/7

7Vol.407 別冊付録座談会バルな視点で世界を見る力です。多様な社会で生きていくためには、自国の価値観を押しつけてもいけないし、相手の価値観を受け入れる一方でもいけない。そのために大切な能力です。技術経営能力は、経営の視点をもって研究・開発に取り組む力。これも経営の効率化が求められる今の企業では技術者・研究者に必ず求められます」 これらのグローバルに通用する力を身につけた理工系人材には、多様なキャリアの選択肢が広がる。国内でも海外でも働くことができ、かつ、好きな技術を追究するキャリアも、技術経営の視点を生かして経営・マネジメントに進むキャリアも選ぶことができる。 「今でも日本企業や外資系企業に就職し、海外赴任して活躍している卒業生は大勢いますが、今後は海外企業への就職も増えてほしい。それが可能な教育は提供しています」(矢作教授) 学生の意欲に火をつける芝浦工業大学のグローバル教育の成果は、今から数年後、卒業生のさらなる活躍によって証明されることになるはずだ。までは、担当教員によって指導や評価にバラつきがあったのも事実。そこで、『この卒業研究によって学生にどのような力を身につけさせるか』を学科ごとに教員が話し合って標準化し、学習達成度を客観的に評価するルーブリック(評価基準表)を導入しました」(村上学長) ルーブリックでは、教員だけでなく、自分自身、先輩、場合によっては企業も加わって多面的な評価を行う。この制度はすでに同大学の全学部・学科に導入されており、これによって学生にとっては、卒業研究で何をすればいいかが明確になり、教員にとっても、卒業研究指導の全体的な質の向上につながっている。 ここで、改めて芝浦工業大学がグローバル社会で活躍するために必要と考えている力を整理しておこう。図3の“4つの能力”を見てほしい。コミュニケーション能力と問題発見解決能力はすでに説明したとおり。残り2つの力について村上学長はこう説明する。自国のアイデンティティをもってグローバルな視点で世界を見る 「メタナショナル能力とは、自国のアイデンティティをしっかりともったうえで、グロー図3  グローバル社会で活躍するための“4つの能力”ベトナムでのグローバルPBLで参加学生が得たものとは?2015年3月1日~12日にかけてベトナム・ハノイで実施された工学部電気工学科のグローバルPBL。指導教員の安藤先生と参加学生の岩間さん、安部さんに話を聞いた。安藤先生:今回は芝浦工業大学から14人、現地のハノイ理工科大学からもほぼ同数の学生が参加し、ロボット教材を用いたミッション遂行型のPBLを行いました。前半は個人ミッション、後半は日本人2人程度、現地学生2人程度の合計4人程度の班でのミッションというかたちで進めましたが、参加してどうでしたか?安部さん:前半の個人ミッションでは一人で苦しんだので、グループミッションではみんなと議論できるのが楽しかったですね。岩間さん:現地学生とはお互いに専門分野が違うので最初は変に境界線を引いていたのですが、途中でこれではダメだと気づいて。積極的に質問や提案をするようにしてからコミュニケーションがスムーズになりました。安藤先生:現地学生との会話は英語で?岩間さん:日本語が得意な人もけっこういたので、日本語と英語と半々くらいでしたね。安部さん:ぼくのグループでは英語がメインです。先輩はベトナム語も話してましたよね?岩間さん:食事のときに少し。でもホテルで即興で覚えたベトナム語だよ。東南アジアにはずっと興味があったから、食事も楽しくて。安藤先生:現地の学生は勤勉でしょう?岩間さん:刺激になりました。とにかく勉強熱心で行動が早い。アイデアを出した翌日には試作品を作ってきたり。安部さん:プログラミングの知識もレベルが高くてびっくりしました。発想もユニークですね。「それできるの?」という案が出てくる。岩間さん:彼らはとにかくやってみるんだよね。そこからどう修正するかを考える。安藤先生:参加学生は一回り成長しましたね。安部さん:ぼくは現地の学生と日本人学生との橋渡し役や議論のまとめ役を務めたんですが、自分の技術者としての将来像が見えてきた気がします。本当に貴重な経験になりました。ハノイ理工科大学でのグローバルPBLの様子左から工学部電気工学科4年 岩間悠士さん工学部電気工学科 安藤吉伸教授工学部電気工学科3年 安部悠紀さん幅広い工学知識と語学力をもち合わせ、それらをグローバルな環境下で発揮できる相互理解能力自国のアイデンティティを基盤とし、異文化を理解し、グローバルな視点で発想し、行動する能力技術開発の社会的・経済的影響を判断できる分野横断的な思考力と倫理観をもち、問題を発見し解決する能力幅広い知識資源を核とし、技術開発の社会的、経済的価値をマネジメントする能力コミュニケーション能力メタナショナル能力問題発見解決能力技術経営能力

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です