キャリアガイダンスVol.418
13/66

かをより判断できるようになると思います」(河村氏) 2日目は学科ごとの課題による小論文と、面接を行う。ここでは、自分が学びたいことを自分の言葉で言語化できるかを測られる。 配点は図4のように決めており、学力要素ごとに何ができると何点得点できるかのルーブリックも作成している。 「審査ごとの採点基準は公開していませんが、本学はキャリアに結びつきやすい専門性の高い学科ばかりなので、それぞれのプロフェッショナルとしての学力要素を求めています。例えば、児童学科は教員や保育士を目指す学科なので、子どもや保護者に対峙するための、思考力や判断力、表現力があるかを見るなどです」(河村氏) 同学では、入学定員の1割未満にすぎない過去のプレゼン型AO入試で入学した学生が、卒業時の最優秀賞を受賞することもあった。「AO入試(高大接続重視型)」で入学した学生たちにも、ゼミや学園祭などの学内活動だけでなく、同学で盛んな地域連携や産学連携などの学外活動などでリーダーシ集団討論をどのように行うかを、今年のオープンキャンパスで公開。ップを自然に発揮し、大学を活性化していくことを期待している。 「AO入試では調査書の配点が低い分、入学後に基礎学力に不安が出る学生もいます。それでも教員がクラスアドバイザーとして学習や大学生活全般の相談にのるなど、教員が全員参加で学生をバックアップする体制が整っているので、大学に入ってから学力の伸び代が大きいのも本学の特徴です」(河村氏) 今後は、現在はまだ数値化できていないエントリーシートの評価も、ルーブリックを作成して数値化することを目指しているという。エントリーシートには高校時代の正課外活動が記されているが、例えば部活動であれば、出場した大会の規模と成績を組み合わせて採点するなどだ。そのフォーマットづくりを現在河村氏が検討中だ。 「書類で提出される正課外活動の内容を、主体性・多様性・協働性などで数値的に評価できれば、将来的に一般入試にも応用できると考えています。現在の書類審査は、出願資格に合っているかを事務職がチェックしているにすぎませんが、評価基準をマニュアル化すれば、事務職がエントリーシートを採点できるようになります。入試に関わる事務職を専門職として養成していきたいという意図もあります」(河村氏) 学力の三要素をどう測るか、鎌倉女子大学の挑戦は続く。書類審査にもルーブリックを導入して数値化を目指すAO入試(高大接続重視型)の概要AO入試(高大接続重視型)の出題テーマ例(2017年度)AO入試(高大接続重視型)の評価方法図2図3図4●対象学部/ 家政学部家政保健学科、児童学部児童学科・子ども心理学科、 教育学部教育学科●求める人材:1)高等学校もしくは中等教育学校で積極的に学習に取り組ん でいる人。2)課外活動(部活動、生徒会活動、ボランティア活動等の社会 的活動等)で実績をあげている人。または、各種資格や各種検 定において優秀な成績を有する人。3)本学が定めるアドミッションポリシーに適合し、入学後、活躍が 期待できる人。●入試の流れ事前相談オープンキャンパスや学外進学相談会にて(なくても可)エントリー活動報告書や自己PR書等の提出書類審査通過者にプレゼンテーションの課題を通知(審査の約2週間前)出願許可通知出願調査書合格発表審査1日目:集団討論・プレゼンテーション●集団討論⇒志願学科横断で5~7名程度で30分程度の討論●プレゼンテーション⇒事前作成のプレゼン資料を使って10分 程度のプレゼンと5分程度の質疑応答審査2日目:小論文・面接●小論文⇒学科ごとの指定課題で800字前後を60分で●面接⇒エントリーシートの内容を中心に10分程度学科プレゼンテーション課題集団討論テーマ 児童学科近年、コミュニケーション能力の育成は、教育・保育における重要な課題とされています。コミュニケーションの方法には、学校や地域で友達と一緒に遊ぶなどの直接的コミュニケーションとSNSをはじめとする間接的コミュニケーションがあります。児童期における直接的コミュケーションと間接的コミュニケーションの長所と短所を述べたうえで、子どもの社会性の発達という視点から考えることを発表してください。 現代の子どもは、公園など屋外で遊ぶことが少なくなり、自宅などの屋内で遊ぶことが多くなったといわれる。このような遊びの変化は、子どもの発達にどのような影響を与えるかについて討論する。教育学科豊かな人間性を育むことは、教育の最も重要な要素の一つです。あなたはこの教育的課題をどのように考えていますか。高校生活における経験を踏まえながら、次の三つの視点から考察してください。ア、心の広さ イ、心の深さ ウ、社会性 「ある小学校の児童が取り組む目標を標語にしてみよう。」勤務する小学校の児童の課題から、その課題を改善するための目標につながる標語を考える。配点(合計)APの適合性基礎学力(知識・技術)思考力判断力表現力主体性多様性協働性調査書10点10点プレゼンテーション25点10点5点5点5点面接25点10点5点5点5点集団討論25点5点10点5点5点小論文15点5点5点5点Case study 02▶▶▶個別大学の入学者選抜の今…鎌倉女子大学変わる大学入学者選抜 何を問うか、どう育むか。132017 JUL. Vol.418

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る