キャリアガイダンスVol.418
24/66

A3A2A1B3B2B1C3C2C1圏模試センターは、「フランシスコ・ザビエル」を共通の題材として、「思考コード」の9ブロックに合わせた例題を作成している(図5)。A領域の問題は、「誰か」「いつか」など、知識そのものや知識を理解し運用できているかを問うもの。B領域の問題は、情報を分析・整理したり、論理的に説明したり、文章表現も必要となる。C領域の問題は、「もし、あなたが〜だったら」のような、情報を再構成「思考コード」のカテゴリー別 ザビエルをテーマにした設問例図5して自分の考えを表現するものだ。 実は、本記事の冒頭で示した「もしあなたがザビエルだとしたら…」という問いは、この「C2」にあたる。解答には、人物や時代背景に関する知識に自分の考えを加えて再構築し、文章表現することが求められる。 なぜ今、「思考コード」でいうC領域変容3ザビエルがしたこととして正しい選択肢をすべて選び年代の古い順に並べなさい。キリスト教の日本伝来は、当時の日本にどのような影響を及ぼしたのか、200字以内で説明しなさい。もし、あなたが、ザビエルのように知らない土地に行って、その土地の人々に何かを広めようとする場合、どのようなことをしますか。600字以内で答えなさい。複雑2ザビエルがしたこととして正しい選択肢をすべて選びなさい。キリスト教を容認した大名を一人あげ、この大名が行ったこと、その目的を100字以内で説明しなさい。もし、あなたが、ザビエルだとしたら、布教のために何をしますか。具体的な根拠と共に400字以内で説明しなさい。単純1(ザビエルの肖像を見て)この人物の名前を答えなさい。ザビエルが日本に来た目的は何ですか? 50字以内で書きなさい。もしあなたが、ザビエルの布教活動をサポートするとしたら、ザビエルに対してどのようなサポートをしますか。200字以内で説明しなさい。A知識・理解思考B論理的思考C創造的思考取締役・教務情報部長北 一成氏首都圏模試センターの創造的思考力が大切か。前任校で独自の思考コードの開発に携わり、香里ヌヴェール学院でもその開発を目指している石川学院長はこう語る。 「世の中にある仕事のカギを握るのは、C領域の力です。ICTの進展で人の働き方が変わると言われていますが、A領域やB領域にある仕事は真っ先にAIに置き換えられてしまうかもしれません。そんななか、正解のない問題に対して人間ならではのクリエイティブな思考力を育成することが、今後は一層、重要になってくるでしょう」 社会に視点を置いている点は、聖学院中学も同じだ。社会を意識するのは大学に入ってからでは遅い、と副校長・清水広幸先生は指摘する。 「中学時代からおおらかに自分の意見を言う体験を積み重ねることで自己肯定感を高め、論理的思考力や表現力とともに、しっかりした自分軸をもつようになります。そのうえで大学進学し、どんどん世界に出て経験を積み、日本を変える力を育んでほしいと願っています」 大学入試に目を向けると、やはり現代社会を踏まえて、知識・技能だけでなく、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性も含めた学力を多面的・総合的に評価しようと改革が進められている。紹介した各中学校は教育理念を軸に、これからの社会に即した教育改善の流れのなかで新タイプ入試を生み出し、結果として大学入試改革の方向性と重なった。 「聖学院は、入試という入口の部分でだけ思考力を重視しているわけではありません。教育理念に基づく『育てたい生徒像』を全教員で共有し、学年段階ごとの『状態目標』も設定し、6年間かけて思考力を伸ばそうと取り組んでいます。大学入試がどう変わろうと、本校の教育は揺るがないでしょう」(清水副校長) 国主導の大学入試改革と並行して私立中学の現場から起こった動きは、日本の教育全体にどう影響するだろうか。 「かつてのゆとり教育のような揺り戻しが起こる余地もないくらい、今はグローバル化やICT化などによる社会の変化が鮮明になっています。私たちの願いは、そんな社会で子どもたちが幸せな生き方をすること。そのために教育は相当変えていかなくてはならない。きっと変わるだろうと信じています」(石川学院長)必要な力を育む現代社会を生きるのに同じ方向を向いて大学入試改革と出所:首都圏模試センター242017 JUL. Vol.418

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る