キャリアガイダンスVol.418
47/66

472017 JUL. Vol.418 保護者が子どもの進路に口を出す場合、保護者自身が経験を基にした明確な意思をもっていれば、いずれはお互いのギャップも埋めやすくなります。しかし、特に強い意志がないまま漠然と「こんなもんでしょ?」と言われるとき、子どもははむかいたくなります。そこで、保護者の考え方を知るための事前アンケートなどをとっておくと、このような事態が起こった場合にも、対処の仕方が見えてくると思います。 気をつけたいのは、保護者の強い期待に何とか応えようと自分の思いを封じ込めてがんばってしまう真面目な生徒です。そういう生徒が、ある日突然ぷつっと途切れてしまうのが怖い。表情が暗くなったなど日ごろの様子に気を付けて、場合によってはスクールカウンセラーへつなぐなどの必要があると思います。 専門学校に行くことと、大学に行くことの違いについて話し、安易に結論を出さず、よく考えるように促します。学習については、まず全教科をしっかり復習し、自分の好きな科目・分野がどこなのかを模索します。好きな科目があるならばその応用力を伸ばす学習を進め、その延長上に進路を考えていけるよう指導します。〈対保護者〉 面談後に保護者に残ってもらい、学校での状況と家での状況を確認します。さらに、この時期に大学進学と言っていても進路をはっきりできている生徒は多くないことを伝え、専門学校・大学それぞれの存在意義を伝え、前向きな取り組みの重要性を理解してもらいます。 生徒も保護者も、それぞれが大学や専門学校に抱くイメージがステレオタイプに陥っています。 そこで、まずは2年生の7月であることを「活用」することを優先し、①生徒・保護者それぞれに、大学や専門学校の現状の情報収集をしてもらう時間をとる ②4年制専門学校の中には大学院入学資格が得られるものがあるなど、専門学校への新しい認識を確認 ③自分の職業観、学問分野・研究領域に対する興味・関心を基にして、オープンキャンパスに参加する準備(できれば保護者も一緒に)、といった3点を、こちらからは答えを一気に出さず、7月ごろまでに行えるよう指導します。 ここで学級担任としてどうしても気になるのは、クラス内の他の生徒のことです。もし同様の状況の生徒が他にもいるとなれば、キャリア教育の再構築をしなければなりません。その場合には、同学年の先生方や進路指導部の先生方との情報交換や連携が必要であることは言うまでもありません。 まず、生徒には、「専門学校にするか大学にするかを考えるためには、将来どのような仕事をしたいかということをよく考えてから決めることが大事。その仕事に就くためにはどんな勉強が必要で、どんな資格を取る必要があるかを調べていくと、大学がいいのか、専門学校がいいのかわかってくる。そのことをきちんと調べ考えたうえで、お父さん・お母さんに君の気持ちを伝えれば、わかってもらえると思う」と伝え、保護者には、「いかがですか?お母さん。それから部活のことだけど、こちらも自分で満足できるまで努力を続け、結果が出てから引退しないと勉強にも身が入りません。先輩たちも、部活を最後までやって引退した者は、その後ぐんと成績が上がっています」と伝えます。そして生徒には、「今は、毎日の時間の使い方をきちんと考えて、部活も勉強もするように。2年生というのは、そういうことができるようになるための時期だと先生は思っている。その努力をご両親に見せることで、君が将来のことを考えているということが伝わるんじゃないのかな」と進めていくと思います。このようなケースで、スクールカウンセラーならどう対応されるのか。先生たちとの協力のあり方などもお伺いしました。 このようなケースの場合、一般的には担任の先生方がコーディネーターとなって、保護者と生徒が互いに理解を深めていくと思います。高校の進路決定は将来の職業につながる重要な選択だけに、中には保護者も生徒も不安定になる場合もあります。その際は、私たちが担任の先生と相談しながら、精神的な安定や情報の整理などの支援をさせてもらいます。普段から、親子関係で会話の仕方に慣れていない場合もありますので、どうやって話をしていったらいいか、会話の仕方の支援を個別に行ったりします。また、進路で悩んでいる場合は、将来のキャリアを考えるための一助として、職業適性検査や性格検査などの心理検査などが役に立つこともあります。それらの実施と客観的なフィードバックを通し、生徒が考えを深めるお手伝いも可能だと思います。ガイダンスカウンセラー 木村佳穂さん2005年岩手大学大学院教育学研究科修了後、青森県と栃木県で6年ずつスクールカウンセラーとして勤務。2017年3月まで、早稲田大学教育・総合科学学術院で非常勤講師も務める。生徒が突然不安定にならないよう注意も必要だと思いますスクールカウンセラーの視点ステレオタイプの考えを払拭できるように(群馬 県立西邑楽高校 持齋雅佳先生)生徒・保護者それぞれに事実を伝える(山形 県立霞城学園高校 齋藤昌広先生)

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る