キャリアガイダンスVol.418
64/66

大学・短期大学・専門学校からのインフォメーション全国でも稀少な取り組み高大産連携プロジェクトを推進石巻専修大学(宮城県石巻市)Tel: 0225-22-7717(入学試験係)http://www.senshu-u.ac.jp/ishinomaki/2018年入試で受験料改革センター利用入試が1000円で了徳寺大学(千葉県浦安市)Tel: 047-382-2111(入試本部事務局)http://www.ryotokuji-u.ac.jp/高校生アイデアコンテストを開催企業とコラボしたイベントプログラム●日程:8/29(火)桜美林大学(東京都町田市)Tel: 042-797-1583http://admissions.obirin.ac.jp/challenge-camp/桜美林大学は4年間の学びを通して、自ら考え、行動できる学生の育成を目指している。これまで多くの企業とコラボした様々な体験の場を提供してきたが、この夏は、高校生を対象にしたアイデアコンテスト「高校生・チャレンジ・キャンプ」を開催する。実際のビジネスを通して、これから何を学ぶべきかを考えていく機会を提供する。大学編入制度で将来の選択肢を支援愛知工業大学のグループ校愛知工業大学情報電子専門学校(愛知県豊田市)Tel: 0565-32-8181http://www.ace.ac.jp夏休み中、受験生に図書館を開放大学キャンパスの体感も●日時:8/5(土)~9/8(金) 9時~18時武蔵大学(東京都練馬区)Tel: 03-5984-3720 (武蔵大学図書館)http://www.musashi.ac.jp/library/開学以来ゼミ教育を重視する武蔵大学が、夏季期間中、大学図書館(本館・洋書プラザ)を開放する。高校生など受験生は、身分証明書を提示すれば入館が可能。館内の図書・資料閲覧のほか、閲覧席を利用し受験勉強、自習もできる。本館1階の資料コーナーでは、大学案内や過去問題を配付。詳細は下記公式Webサイトまで。石巻専修大学は「地域の人材育成と活性化」をテーマに、高校、企業、同学による全国でも稀少な3者連携事業を推進。2017年度は、ソフトバンクグループの3年間の参加が決定し、ヒト型ロボットPepperを活用した5つのプロジェクト、楽天野球団及び阿部蒲鉾店との「こめぼこ商品化プロジェクト」が始まっている。嵯峨美術大学は、開学以来、歴史と文化芸術のまち京都・嵐山で、学生一人ひとりと向き合う教育を行ってきた。個々の能力や志向に応じた課題を設定するなど、柔軟な教育プログラムを導入するとともに、学生に個別の制作スペースを提供するなど、じっくりと作品制作に取り組める環境を整えている。食物アレルギーを持つ子どももみんないっしょの食卓を!愛知文教女子短期大学(愛知県稲沢市)Tel: 0587-32-5169愛知文教女子短期大学は、2016年度私立大学研究ブランディング事業に短大で唯一選定された。その事業内容は、子どもの食物アレルギーの増加に伴う、保育所での誤配・誤食などの課題についての研究だ。今後も保育所における職種間連携を含んだ食物アレルギー教育の推進拠点として情報を発信していく。広島文化学園大学は、2018年4月に人間健康学部スポーツ健康福祉学科を設置する予定だ(認可申請中)。中学校・高等学校教諭(保健体育)、社会福祉士、精神保健福祉士などの資格取得が可能。陸上競技場、サッカー場など最新の施設で、中四国で初の障がい者、高齢者、子どもなどに適応させたアダプテッド・スポーツを本格的に学べる学部だ。歴史と文化に囲まれた京都でアート・デザインを究める嵯峨美術大学(京都府京都市)Tel: 075-864-7878http://www.kyoto-saga.ac.jp体育学部に新コースが誕生産学連携プログラムを計画環太平洋大学(岡山県岡山市)Tel: 086-908-0362 (アドミッションセンター) http://www.ipu-japan.ac.jp/環太平洋大学は、2018年4月、体育学部にスポーツトレーナーコースを設置する予定だ。国際試合の帯同など、第一線のスポーツ選手のサポートを通じた実践の機会が設けられるほか、大手スポーツ・健康関連企業との産学連携プログラムも計画されている。開学から10年を迎え、新たな取り組みが始まる。愛知工業大学情報電子専門学校は、地元企業で即戦力として活躍するコンピュータ技術者の養成を目指している。また同校は、大学との単位互換制度を活用した大学編入制度を設けており、グループ校の愛知工業大学をはじめとして、毎年多くの学生が大学への編入学を果たしている。希望に応じた進路の選択肢が用意されている。了徳寺大学は、看護学科、理学療法学科、整復医療・トレーナー学科の3学科体制。医療・保健機関や福祉・行政・教育研究など幅広い領域で活躍する人材を育成、輩出している。2018年入試では受験料を大幅に改革する。センター利用入試の受験料を1000円にして、高校生の受験機会の最大化を図る。一般入試との併願も可。2018年に人間健康学部を設置スポーツと福祉を融合的に学ぶ広島文化学園大学 (広島県広島市)Tel: 082-884-1001(広島 坂キャンパス)http://www.hbg.ac.jp/第1回目は「結婚式」をプランニングする国内外の書籍を約65万冊所蔵連携プロジェクト キックオフイベント作品づくりに没頭できる環境を提供食物アレルギーの子どもに向き合う整備された施設でクラブ活動も支援国際的にも活躍できる人材を育成最新の設備が揃った学習環境学生が主体となって過ごせる校風642017 JUL. Vol.418

元のページ  ../index.html#64

このブックを見る