キャリアガイダンスVol.420
21/66

伝統の継承や創造に考えを巡らせることが狙いです。また、視点を固定して見る西洋絵画と、動的視点で構図を捉える日本画との比較も、文化の背景を読み解こうとする目をもつことで、自身の感性や他国の感じ方の多様性を考えるようになります」 美術以外の知識がないと、深く作品を理解することができず、知識があるとさらに作品を見たくなり、「日本の美術や文化のことをもっと知りたい」と生徒たちが変化していく。 そして野村先生が美術で養おうとしているのが、自分と社会とのつながりを、作品の鑑賞や制作という具体的な「もの」を通して「体感」することだ。 「ものづくりの過程で、形を捉えるという目的のために対象物をどう見たらいいかを考えたり、素材から形を作ろうと考え、そして実際に作るという感覚に落とし込んだ思考力を発揮できるのは、美術だからできることだと思います。作ることで、感じ取ったことが体に残るのです」 ものごとを『見る』意義のきっかけがわかれば、他の題材の授業でも集中して考えるようになり、「ものを見ることが面白くなった」と言う生徒もいる。ものを見るきっかけが簡単にはつかめない生徒のために、他の生徒との話し合いなど、他者視点を入れた複眼的視点で見て考える授業も行っている。 授業をデザインするにあたって先生が活用しているのが「造形ユニット」だ(上図参照)。これは教育研究所に勤務していた際に野村先生自身が中心となって作成した、美術教育プログラムのベースだ。生徒が必要としているのは美術的な技法よりも、人生をどう生きるか考えることだ。そのためになぜ美術を学ぶのかの意義を求めている。野村先生は美術教育の意義は「真善美」を伝えることだと考えている。 「『授業デザインシート』の核は、生徒に付けたい資質・能力を絞り込んだ狙いを表現した題材名にあります。例えば『自分の感性を探ろう〜時空間を内包する襖絵』の授業は、昔だったら『襖絵を作ろう』で終わっていたと思います。授業構成は、作品鑑賞で終わるのではなく、題材名の狙いに戻るよう工夫しています。襖絵を見て自分で作り、過去の作品と自分の作品を比較して感じ取ったことをレポートにするなどです。意義が腑に落ちると学ぶ意欲が高まり、学年末に行う授業アンケートでも社会とのつながりについて記述するようになります」 また、生徒への具体的な指導法をわかりやすくするために、「感性を働かせる方法=ものの見方」「表現を工夫するための思考過程」「考えるために何の知識が不足しているかを知る方法」の3点の指導を見える化している。 美術を他教科と結びつけたり、他者の意見を取り入れて複眼的な視点で思考する力を身に付けた生徒は、社会でどう活躍していくのだろう。 「例えば外国人と対峙していく際に、自国の文化理解から自分を理解し、他国の多様性を想像する目がもてれば、自分の考えをもって互いを尊ぶようになると思います。それが真の国際人の姿ではないでしょうか」 授業のつくり方資質・能力を美術科的に分解そこに「真善美」を取り入れる「授業デザインシート」では、身に付けたい資質・能力を「美術で付ける将来に生きる力」として分解。その中から絞り込んだ狙いで題材を選定する。題材名には大きな狙いを伝える題材名、課題は副題で示す。授業は作品鑑賞で終わるのではなく、題材名の狙いに戻るようにしている。「造形ユニット」は、授業の最小単位である「指導ユニット」(上)と、複数の指導ユニットを必要に応じて組み合わせて構築した「授業デザインシート」(下)から成る。「造形ユニット」はネットで共有され、美術科教諭同士で指導案づくりの情報交換の手立てとなっている。御幣など紙を使った日本文化の特徴を学び、そこからヒントを得たパッケージや家具、特許商品の存在を知る。得た知識をもとに、生活のなかで困っていることを解消する商品を紙で作り、特許を出願する授業。特許について学ぶことで社会と作品の関わりを学び、特許の書類を作成する際に、人に伝わる文章と書類作成についても考えていく。日本の文化に新たな工夫を加え、生活の困り感を解消する商品を作って特許を出願する3※ダウンロードサイト:リクルート進学総研 >> 発行メディアのご紹介 >> キャリアガイダンス(Vol.420)題名;「光に向かって」。たくましく生きていきたいという思いを込め、未来は明るいものだと信じ前向きにがんばっていこうという作品。「成長」と題した作品。上へとまっすぐに伸びていくイメージで、これを見ることで成長していく自分を感じられるようになりたい気持ちが込められている。前年度は、パテントコンテスト、デザインパテントコンテストで優秀賞を取り、実際に特許や意匠登録を出願した生徒も。地域の新聞でも取り上げられた。を色と形で表現していく。自分で描いた未来の自分画を、1カ月間家で見続けた感想をレポートにまとめる。福井県造形教育研究会の「造形ユニット」生徒の作品教科ならではの「見方・考え方」が社会でどう生きる?野村由香里先生(美術)「見方・考え方」を働かせる授業212017 DEC. Vol.420

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る