キャリアガイダンスVol.421
15/66

 次に、社会や経済のグローバル化は高校生の将来に影響があると思うか尋ねた(図3)。高校生では影響が「ある」は55%と2015年の40%から大幅増。男女とも5割超が「ある」と考えており、前回43%よりやはり増加した保護者の「ある」48%を上回った。 さらに、将来グローバル社会で通用する人材になりたい(なってほしい)意向を尋ねた(図4)。「なりたい・計」は、高校生は57%・保護者は42%と、高校生の意向が保護者を上回った。高校生の意向は2015年よりも増加している。また、父親の「なってほしい」意向が母親を大きく上回った。 高校生がグローバル社会で通用する人材に「なりたい」理由をみると、外国人労働者・訪日外国人旅行者の増加など、日本国内で起きている変化の認識から、将来自分はグローバル社会に適応する人材に「なるべき」であり、そうならないと社会に「取り残されてしまう」など、グローバル社会で通用する人材になることを当然と考える意見が挙がった。「なりたくない」理由は「英語が苦手」「自信がない」など、すでに諦めている回答が多い(14ページフリーコメント3)。「グローバル化が将来に影響」と考える高校生が急増図 3 グローバル化の影響はあるか (高校生・保護者/単一回答)図 4 グローバル社会で通用する人材になりたい(なってほしい)か (高校生・保護者/単一回答)高校生2017年 全体 (n=1987)2015年 全体 (n=1887)2017年性別男子 (n=1064)女子 (n=890)保護者2017年 全体 (n=1722)2015年 全体 (n=1584)2017年続柄別父親 (n=220)母親 (n=1449)2017年子どもの性別男子 (n=891)女子 (n=787)あるないわからない無回答(%)高校生2017年 全体 (n=1987)2015年 全体 (n=1887)2017年性別男子 (n=1064)女子 (n=890)保護者2017年 全体 (n=1722)2015年 全体 (n=1584)2017年続柄別父親 (n=220)母親 (n=1449)2017年子どもの性別男子 (n=891)女子 (n=787)なりたい・計どちらでもよいなりたいと思わない・計無回答ぜひなりたいできればなりたいあまりなりたいと思わないなりたいと思わない57.210.949.616.157.811.758.010.142.34.740.95.555.92.341.15.046.64.438.95.1(%)なりたい・計なりたいと思わない・計人生100年時代の高校生と保護者の未来意識152018 FEB. Vol.421

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る