キャリアガイダンスVol.421
19/66

適度な距離感と、尊重し励ます態度が、前向きな進路意識を醸成 高校生・保護者のそれぞれに日常のコミュニケーションについて12項目を提示し、それぞれ実施状況を尋ねた(図11)。高校生・保護者とも「『あなたはどうしたい』『あなたはどう思う』とあなたの意見が尊重される」が最も多く、「ある・計」は高校生66%、保護者76%と保護者の現状評価が高校生の実感よりも高い。 以下、「高校で何を学んでいるのかなど、高校での生活に関して会話している」「『自分で選択し、それに責任をもつ』ことが大切だと言われている」「あなたが悩んでいたり、うまくいっていないときに励ましてくれる」「保護者に褒められている」「ニュースや社会の動きなどについて一緒に考えたり会話している」「『夢や目標を大切にしなさい』と言われている」はいずれも保護者では過半数を占めるが、高校生は10ポイント以上下回る。保護者が発するコミュニケーションは保護者が思うほど高校生に伝わりにくい現状が浮きぼりになった。コミュニケーションは良好ながら保護者の自己評価が高め図 11 保護者との日常のコミュニケーションや行動 (高校生・保護者/各単一回答)66.1 7.676.3 1.552.419.465.5 8.052.014.874.0 3.149.614.769.6 2.447.616.165.6 3.845.814.945.5 6.340.227.159.112.037.522.953.9 9.132.624.622.533.730.124.825.714.629.823.924.629.722.741.430.527.7ある・計ない・計「あなたはどうしたい」「あなたはどう思う」とあなたの意見が尊重されている高校で何を学んでいるのかなど、高校での生活に関して会話している「自分で選択し、それに責任をもつ」ことが大切だと言われているあなたが悩んでいたり、うまくいっていないときに励ましてくれる保護者に褒められているあなたと意見が異なるとき、頭ごなしに否定されないニュースや社会の動きなどについて一緒に考えたり会話している保護者に「夢や目標を大切にしなさい」と言われているあなたがすることを保護者が決めたり手伝ったりするあなたの行動に口出しや干渉をしないあなたが失敗をしないように、保護者ができることを先回りして考えてくれる地域とのかかわりについて会話したり、行事に参加したりしている※高校生「ある・計」の降順ソートある・計どちらともいえないない・計無回答よくあるあるないまったくない高校生保護者高校生保護者高校生保護者高校生保護者高校生保護者高校生保護者高校生保護者高校生保護者高校生保護者高校生保護者高校生保護者高校生保護者(%)高校生 (n=1987)保護者 (n=1722)未来社会を生き抜く高校生を保護者と学校はどう支援するかⅡ高校生の進路意識を支える保護者のコミュニケーションとは人生100年時代の高校生と保護者の未来意識192018 FEB. Vol.421

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る