キャリアガイダンスVol.421
20/66

両方できると思う精神的な自立はできるが、日常生活での自立はできないと思う日常生活での自立はできるが、精神的な自立はできないと思う両方できないと思う無回答 ここからは、高校生・保護者のコミュニケーションおよび関係性を測る指標の状況別に、高校生の進路意識の水準を比較していく(※前ページ、日常のコミュニケーションの状況別は違いがある項目のみ抜粋して掲載)。 18ページでみた高校卒業までの自立実感について、「両方できる」が高いのは、進路対話態度別では保護者と「話す」層(図12)。進路選択に関する保護者の態度別では「干渉」「無関心」な層に比べ「ちょうどいい」と感じている層で高い。また、「無関心」層は「両方できないと思う」が突出して高くなっている。 「精神的な自立・計(両方できる+精神的な自立はできる)」に着目し、日常のコミュニケーションの実施状況別にみると、「保護者に褒められている」「あなたと意見が異なるときに頭ごなしに否定されない」「地域とのかかわりについて会話したり行事に参加したりしている」「高校での生活に関して会話している」状況が「ある」層ほど高く、反対に「あなたがすることを保護者が決めたり手伝ったりする」は「ない」層ほど高い。高校生が自ら考え行動することを促す態度が自立の実感を醸成している。話す・褒める・自分でさせる態度が高校生の自立実感を醸成図 12 高校卒業までに「精神的な自立」や「日常の自立」ができそうか (高校生/単一回答)70.754.871.656.067.150.470.654.273.057.158.544.973.254.670.054.566.356.971.253.971.857.667.155.372.854.070.554.566.959.569.453.271.555.372.456.674.855.370.859.469.151.173.054.271.259.065.551.72017年全体(n=1987)進路対話頻度別話す・計(n=1562)話さない・計(n=413)進路選択に関する保護者の態度別干渉・計(n=493)ちょうどいい(n=1276)無関心・計(n=205)日常のコミュニケーションの実施状況別(※)保護者に褒められているある・計(n=945)どちらともいえない(n=704)ない・計(n=320)「あなたはどうしたい」「あなたはどう思う」とあなたの意見が尊重されているある・計(n=1314)どちらともいえない(n=500)ない・計(n=152)あなたと意見が異なるときに、頭ごなしに否定されないある・計(n=911)どちらともいえない(n=760)ない・計(n=296)あなたがすることを保護者が決めたり手伝ったりするある・計(n=647)どちらともいえない(n=833)ない・計(n=489)地域とのかかわりについて会話したり、行事に参加したりしているある・計(n=452)どちらともいえない(n=689)ない・計(n=822)高校で何を学んでいるのかなど、高校での生活に関して会話しているある・計(n=1042)どちらともいえない(n=541)ない・計(n=385)(%)精神的な自立・計日常生活での自立・計※差がある項目のみ抜粋未来社会を生き抜く高校生を保護者と学校はどう支援するかⅡ高校生の進路意識を支える保護者のコミュニケーションとは202018 FEB. Vol.421

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る