キャリアガイダンスVol.421
21/66

 自分の進路選択についてどの程度考えているか、「考えている・計」に着目してみた(図13)。進路対話頻度別(進路について保護者と話すか話さないか)では、「話す」層は88%が「考えている」と回答、「話さない」層(56%)を大きく上回る。また、進路選択に関する保護者の態度別にみると、「干渉」「ちょうどいい」層は8割強が「考えている」が、「無関心」層は「考えていない」が3割を超える。 さらに日常のコミュニケーション実施状況別にみると、「保護者に褒められている」「保護者に『夢や目標を大切にしなさい』と言われている」「『あなたはどうしたい』『あなたはどう思う』とあなたの意見が尊重されている」「あなたが悩んでいたりうまくいっていないときに励ましてくれる」「ニュースや社会の動きなどについて一緒に考えたり会話している」「地域とのかかわりについて会話したり行事に参加したりしている」「高校での生活に関して会話している」状況が「ある」層ほど高い。保護者がさまざまな話題で積極的に会話し、進路選択に関心を持って温かく見守る態度で接することが、高校生自身の進路検討を促している。保護者の進路選択への関心が高校生の進路検討を後押しする図 13 自分の進路選択をどの程度考えているか (高校生/単一回答)81.518.281.118.378.721.184.615.188.211.656.243.183.216.683.816.264.435.686.313.577.622.276.322.886.613.479.220.577.621.783.616.179.020.871.728.384.815.080.419.473.326.086.513.479.220.577.022.785.414.480.619.380.319.385.414.679.320.174.824.72017年全体(n=1987)2015年全体(n=1887)2017年性別男子(n=1064)女子(n=890)進路対話頻度別話す・計(n=1562)話さない・計(n=413)進路選択に関する保護者の態度別干渉・計(n=493)ちょうどいい(n=1276)無関心・計(n=205)日常のコミュニケーションの実施状況別(※)保護者に褒められているある・計(n=945)どちらともいえない(n=704)ない・計(n=320)保護者に「夢や目標を大切にしなさい」と言われているある・計(n=745)どちらともいえない(n=769)ない・計(n=456)「あなたはどうしたい」「あなたはどう思う」とあなたの意見が尊重されているある・計(n=1314)どちらともいえない(n=500)ない・計(n=152)あなたが悩んでいたり、うまくいっていないときに励ましてくれるある・計(n=986)どちらともいえない(n=690)ない・計(n=292)ニュースや社会の動きなどについて一緒に考えたり会話しているある・計(n=798)どちらともいえない(n=625)ない・計(n=538)地域とのかかわりについて会話したり、行事に参加したりしているある・計(n=452)どちらともいえない(n=689)ない・計(n=822)高校で何を学んでいるのかなど、高校での生活に関して会話しているある・計(n=1042)どちらともいえない(n=541)ない・計(n=385)(%)考えている・計考えていない・計考えている・計考えていない・計無回答かなり考えているある程度考えているあまり考えていないまったく考えていない※差がある項目のみ抜粋人生100年時代の高校生と保護者の未来意識212018 FEB. Vol.421

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る